一部科学者が集団免疫は5割で十分と考える訳

集団免疫をめぐって各国で議論が噴出している

日常の行動が正常に戻るのはいつになるのだろうか(写真:Christian Hartmann/ロイター)

コロナ禍が「どう終わるか」は、最初からわかっている。新型コロナウイルスの感染が一時的に広がった地域で、ウイルスが感染可能な宿主を十分に見つけられず、生き延びることができなくなれば徐々に収束していくわけだ。

特定の社会集団や地域がいわゆる「集団免疫」(感染しやすい人間の数が減ってウイルスがそれ以上広がることができなくなった状態を指す)を獲得するには、人口の70%が免疫を獲得しなければならないだろうと専門家はこれまで指摘してきた。免疫を得る手段はワクチン接種でも、感染を生き延びるのでも構わない。

50%に達すれば十分だという声も

だが最近、一部の専門家からハードルはもっと低いのではないかとの声が上がっている。ニューヨーク・タイムズの取材に対し、10人を超える科学者から、免疫を持つ人は50%(もしくはもっと低い割合)もいればいいだろうとの回答が得られた。これが本当なら、従来考えられてきたよりも早い時期に新型コロナウイルスを撃退することが可能になるかもしれない。

この新しい知見は、今回のパンデミック(世界的大流行)を対象にした複雑な統計モデリングから得られたものだ。さまざまなアプローチが用いられており、結果もバラバラだ。それに、第2波が来ても心配ないくらいに免疫保有者の割合が高いコミュニティが世界のどこかに存在するかどうかもはっきりしない。

だがニューヨークやロンドン、ムンバイの一部地区については、新型コロナウイルスに対する免疫をすでに十分に獲得している可能性は否定できないと専門家らは言う。

「ニューヨークやロンドンには、十分な免疫を獲得した地域があると信じる用意がある」と、ハーバード大学公衆衛生大学院で疫学を研究するビル・ハネージは言う。「この冬の状況を見ればわかるだろう」。

「だが住民全体にとってそれが何を意味するかという問いは、はるかに重大だ」とハネージは言う。

次ページ代償は大きく、不確定要素も多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT