急成長するフェイスブックの「次の一手」

開発者会議「F8」で見せた、新たなフェイスブック

ハッカーマインドと、ビジネス色と

純粋なクラウド環境とは違うが、ビジネスやアプリケーションを動作させる統合環境としてフェイスブックが成熟することは、多くのスタートアップが「使わない理由がない」と利用しているAmazon Web Service(AWS)との将来的な競合を想起させる。AWSとの違いを指摘するなら、現段階で10億人存在しているフェイスブックユーザーと、広告出稿、広告設置が可能な環境を持っている点かもしれない。

基調講演最後の「Monetize」で登場したデボラ・ルイ氏は、ペイパル、買収先のイーベイを経てフェイスブックに入り、現在はプラットホームのマネタイズを見ているディレクターだ。彼女が発表したのは、Facebook Audience Network。つまりフェイスブック広告のサードパーティ向け配信を行うアドネットワークサービスだ。

マネタイズについて紹介するDeborah Lui

アプリ開発者の6割がモバイル広告を活用しているとしており、フェイスブックとして、アプリ内に簡単に広告を配置できるようにするものだ。広告のスタイルを選んだり、ユーザーに最適化した広告を入れられるようになる。また出稿側は、フェイスブックのニュースフィードのように、コンテンツのような広告や、アクションを促す広告を入れられるようになる。このことは、ユーザーが広告を「楽しむ」文脈が生まれる可能性を秘めている。

アドネットワークへの参入もさることながら、F8でこうした発表が行われること自体、変化といえる。それまではハッカーの集まりのように、技術的な発展ばかりが伝えられる場だった。そのため、開発者は楽しめるが、一般ユーザーやビジネスパーソンにとって、それが将来、何を興すものなのか理解するのに時間がかかった。

しかし今回のプレゼンテーションは、非常に洗練され、将来、ビジネス上で何が起きるのかが明確だった。こうした点から、フェイスブックそのものの成長や変革を感じることができる、久々のF8だったと振り返ることができる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT