中国発北米行き「コンテナ運賃」が過去最高更新

新型コロナの流行で海運会社が輸送力を縮小

中国からアメリカに向かうコンテナ船は満杯の状況が続いている。写真は中国の海運最大手、中国遠洋海運集団の大型コンテナ船(同社ウェブサイトより)

中国とアメリカの外交関係が悪化するなか、両国間の海上輸送が逆に繁忙を極めている。「この1カ月、アメリカ行きのコンテナ船はほぼすべて満杯の状況だ。新規の発送は早くても3週間待ちで、急ぐ荷主は金に糸目をつけない」。ある北米コンテナ航路の運送代理業者は、8月13日、財新記者の取材に対してそう証言した。

北米コンテナ航路の運賃は過去最高値を更新し続け、昨年の同じ時期の2倍以上に跳ね上がっている。例えば上海発の40フィートコンテナ1本当たりの運賃は、アメリカ西海岸行きが3100ドル(約33万円)、東海岸行きが3500ドル(約37万円)を突破し、過去3カ月の値上がり率は90%近くに達した。

前出の運送代理業者によれば、7月から年末にかけてはもともと北米コンテナ航路の繁忙期であり、アメリカの小売業者の輸入貨物が増加する。さらに今年は海運会社がコンテナのやりくりに苦労しており、港湾での作業効率が低下。輸送力がますます不足して運賃を押し上げているという。

対中追加関税の適用除外終了前の駆け込み需要も

だが、上海航運交易所のアナリストの朱篷舟氏は、北米コンテナ航路の繁忙は一時的な現象だと指摘する。同氏によれば、輸送力不足の主因は海運会社の運航縮小にある。さらに、アメリカ政府が発動した対中追加関税の適用除外の期限切れが近づいているため、多数の荷主が貨物を前倒しで輸入しようとしていることも需給逼迫に拍車をかけている。

本記事は「財新」の提供記事です

海運会社の運航縮小は、言うまでもなく新型コロナウイルスの影響だ。国際物流が世界各地で停滞するなか、海運会社は運賃の値崩れを防ぐために多数の航路の運航を停止し、主力航路でも輸送力を削減した。世界の海運会社が2020年4~6月期に運航停止した輸送力の合計は、コンテナ海運で世界4位のフランス「CMA CGM」の総輸送力に匹敵するとされる。

中国海関総署(税関)のデータによれば、2020年7月の中国の対アメリカ輸出額は前年同月比12.5%増加した。一方、対EU(欧州連合)輸出額は同3.4%減少、対日本は同2%減少しており、対アメリカ輸出の突出が目立っている。

(財新記者:賈天琼)
※原文の配信は8月14日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT