2020年8月の猛暑が「例年以上にヤバい」理由

最高気温41.1度はいかにして発生したのか

国内統計史上最高記録と並ぶ41.1度を観測した浜松市中区で日傘を差して歩く人たち(写真:時事通信)

今年も猛暑の夏が続いている。気温が40度を超す、もしくはそこに迫る日が各地で続き、8月17日には静岡県浜松市で、これまでの国内最高気温と並ぶ41.1度を記録している。同じ気温は2年前に埼玉県熊谷市で観測されていた。

熊谷が最高気温を記録するまでの過去最高は、2013年8月12日に高知県四万十市江川崎で記録した41.0度だった。その瞬間、私はその観測地点のすぐ脇に立っていた経験を持つ。

「40度超えの暑さ」とはどんなものか

「41.0度って、四万十みたいでいいな」

その当時、地元の名産品の直売所では、そんな声が聞こえた。「おめでとうございます」。地元の報道関係者はそう声をかけて取材していたが、こう暑くて何がめでたいのか、よくわからなかった。

なんでも「日本一」は人の心を躍らせるようだ。それも5年後には、わずか0.1度の差で熊谷に持っていかれた。

江川崎は、最後の清流と呼ばれる四万十川を河口から約40キロメートル上って、愛媛県を流れてきた広見川と合流するところにある地区だ。ただ、観測地点は四万十川に架かる橋を渡って、山沿いを少し登ったところにある中学校の駐車場の片隅に、フェンスで囲まれてあった。今年も8月18日に39.4度の全国最高を観測している。

当時は連日40度を超す暑さが続いていた。四万十川を渡ってくる風は、清流とはほど遠く熱い。

最高気温を記録した瞬間は、空間に漂う熱気が上からも下からも全身にまとわりついて、離れていかなかった。自然と息も荒くなり、体温より熱い空気は、鼻孔や口腔から肺の中に入って、身体の芯から熱くしていく。ひょっとしたら、吐き出す空気のほうが涼しくなっているのかもしれない、そう思えた。

次ページなぜ日本の夏は暑くなった?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT