最大FCが決別宣言 ほっかほっか亭「内紛」

最大FCが決別宣言 ほっかほっか亭「内紛」

プレナスが新ブランドの立ち上げを決意したことで、総本部との亀裂はさらに深まった。
(週刊東洋経済2月23日号より)

 持ち帰り弁当店「ほっかほっか亭」を関東、九州で展開するプレナスは12日、フランチャイザーであるほっかほっか亭総本部との決別を宣言した。独自ブランド「Hotto Motto(ほっともっと)」を立ち上げ、5月15日付で店名や看板に採用するという。

 プレナスと総本部はこれまで、商標権や営業手法をめぐって激しく対立。総本部はプレナスに対し、静岡など合わせて6県で本部契約の更新を拒絶する旨を通達していた。逆に今回は、プレナスから全エリアの契約解約を突きつけた格好だ。

親子逆転のいびつな関係

 骨肉の争いの背景には両社のいびつな関係がある。通常フランチャイザー(ザー)とフランチャイジー(ジー)の関係は、ザーがジーの運営主導権を握るというのが一般的。だが、プレナスはザーである総本部の株式44%を保有する大株主。全国約3500店のほっかほっか亭のうち2260店を運営し、実質的な力はプレナスのほうが大きい。

 一方、関西でほっかほっか亭を展開するハークスレイが一昨年に総本部株式54%を取得したことで、争いは「プレナス対ハークスレイ」に移った。プレナスの塩井辰男社長は決別の理由として「ハークスレイが総本部の親会社になってから、経営の自由が奪われるようになった」と主張。これに対して総本部は「プレナスは2003年に塩井社長が就任してから全国本部長会議に欠席するなど、協調態勢が取れなくなった」と語る。

 プレナスは30年近く、独自の営業努力で力をつけてきたと自負する。総本部の「店舗デザインや食材の提供価格について総本部の指示に従うこと」などの要請は「余計なお節介」に映るのだろう。

 今後、新ブランドで自由に経営できるとなれば晴れて独り立ちとなる。ところが、現実には難問が山積みだ。

 総本部は契約解除の場合、「フランチャイズ加盟店は営業を1年間停止する義務がある」として、同12日付で東京地裁に仮処分を申し立てた。プレナスが営業を継続できたとしても、直営店を除く約1200の加盟店のうちどの程度が新ブランドについてくるのかは不透明。両社間で加盟店争奪戦が繰り広げられる可能性もある。事態は長期戦の様相を呈してきた。
(週刊東洋経済:藤尾明彦 撮影:鈴木紳平)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。