NA「ロードスター」30年経っても魅力的な理由

NDオーナーが乗り比べて感じた「普遍的な価値」

【デザインの考察】

ここは好き嫌いが最もわかれる部分だ。評価はいろいろあるようだが、筆者はNA型こそロードスターのアイコンだと考えている。

NA型以降に登場する世界の小型スポーツカーに影響を与えた事実もさることながら、丸型を基調とした各部のパーツ(例/ヘッドライトやテールレンズ)は、人懐っこさがあるというか、小動物的というべきか、じつに愛くるしい。思わず近づき車内をのぞき込みたくなる、そんな衝動に駆られるのがロードスターだ。

スポーツカーなのに愛くるしいとはしっくりこないという向きもあるだろう。しかし、長きにわたり愛される重要なポイントのように思う。

NA型には小動物のような愛くるしさを感じる(筆者撮影)

今回の試乗では街中や住宅街も走らせたが、過去のオーナー時代がそうであったように、NA型を見かけた小さな子供たちから手を振られ、また当時を懐かしむ大人からも笑みを返される。

老若男女のハートをつかむ柔和な雰囲気と、オープンカーという軽快な走りを予感させる組み合わせは、この先もマツダの財産になる。マツダには「マツダ史上、最もエレガント」と称された「ルーチェ ロータリークーペ(1969年)」があるが、NA型はそれと並ぶ存在として語り継がれるべき1台だ。

ND型もスタイリッシュな側面では負けていない。NA型に続いて、今回も前衛的な部分で世界中のスポーツカーに影響を与えた。切れ長のヘッドライトにはじまり、ボンネットフードからフェンダーアーチへとつながる抑揚あふれる造形は、アストンマーチン「ヴァンテージ(2018年)」にも通ずる、と個人的に思う。

シャープになったND型だがプロポーションは不変だ(筆者撮影)

インテリアにしても、マツダ第6世代商品群のセオリーどおり高品質。デザイナーが格別のこだわりをもって設計したという、ドアパネル上部とダッシュボード左右の小さなパーツをボディカラー化することによって、身体がクルマ全体に包まれているようだ。オープン走行時には街ゆく人からもチラリとそれが確認できる。

筆者はND型のデザインが大好きだ。しかし、「ロードスターのデザインとは何か」と問われれば、迷わず「NA型」と答える。

走りの基本は変わらない

【走りの考察】

丁寧な運転操作を求めること。これがNA型とND型に共通する運転感覚だ。スポーツカーという言葉の響きには、一気にアクセルを踏みつけ、高い速度域からガツンとブレーキを踏み、素早くステアリングを切り込むイメージがつきまとう。こうした荒々しさこそスポーツカーの醍醐味だという声は根強い。

しかし、ロードスターのスポーツ感覚はそれと違う。まずドライバーの運転操作に対してクルマが反応、次にそれを感じたドライバーが必要な操作を上乗せし、さらにクルマが反応して……。このプロセスの繰り返しを、ひときわ大切にしているクルマがロードスターであり、それはNA型とND型に通ずる部分だ。

次ページ走りの要は「曖昧(ファジー)」であること
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT