「コロナは陰謀」と信じる人々を生む深刻な病巣

排除され孤立している彼らが自尊心を守る為に

例えば、EUは、パンデミックをデマであるかのようにあおる偽情報について、「これらのメッセージは、機関や政府がパンデミックを利用して市民に不当な権力と支配を行使する口実にしていると主張することで、機関や政府への信頼が損われることに焦点を当てていることが多い」と指摘した(EEAS SPECIAL REPORT UPDATE: SHORT ASSESSMENT OF NARRATIVES AND DISINFORMATION AROUND THE COVID-19/CORONAVIRUS PANDEMIC (UPDATED 2 – 22 APRIL)/2020年4月24日)。

例として「政府はコロナウイルスの死者数を誇張するために数字を操作している」「COVID-19の危機はメディアによって作り出されている」などを挙げた。EUが名指ししたのはロシアや中国などの関与(両国は否定)で、6月10日には欧州委員会が新たな偽情報対策を発表している。

つまり、国家不信、メディア不信といった混乱状態に乗じて、海外サイトなどが、真偽不明の情報や虚偽の情報を流布させて、パニック状態となる「インフォデミック」を促進する役目を担い、「パンデミック自体が捏造」という疑惑にまで飛躍させるのである。

「5Gによるもの」というデマとの親和性

確かに、コロナが国家とメディアが結託して創作した虚構であれば、マスクの着用も人と距離を取ることも無意味であり、普段の生活に戻ることが全面的に正しいことになる。統計上の死者が増えてもそれは〝演出されたもの〟として一笑に付されるだろう。驚くべきことではあるが、これらの言説は、真逆の立場にも思われる「パンデミックは5G(第5世代移動通信システム)によるもの」というデマと親和性があるのだ。なぜなら、どちらも新興感染症の大流行という出来事の成り立ちに「自然」(の摂理)ではなく「人為」(の痕跡)を見い出そうとしているからにほかならない。「何者かが自分たちに巨大な罠を仕掛けようとしている」のが共通点だ。

このような考え方に支配されやすい傾向を部分的に後押ししているといえるのが、コミュニティの崩壊に伴う社会的孤立の増大がもたらす「自尊感情の危機」である。思えば、2011年の東日本大震災は「新しい社会不安の時代」の幕開けであった。この時期に出現した「絆」の大合唱と「人工地震テロ説」の流布は偶然ではない。

次ページ「寄る辺なさ」が露呈しただけなのに
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT