「女おひとりさま」は幾らで介護施設に入れるか

年収800万円でも独身老後は超不安でしかない

聞けば、Aさんのお父さんは5年前、84歳で他界されたということでした。足が悪く、お母さんが世話をしていたそうですが、最後の1年くらいは持病のケアもあり、特別養護老人ホームに入居していたそうです。一方、現在80歳のお母さんは地方都市の介護付き有料老人ホームで暮らしています。

筆者はAさんに、「2つの異なる施設を見て、どんな印象を持たれましたか?」と改めて聞きました。

「高齢者施設にいいイメージを持っていなかったのですが、父の施設では、皆さんがよくしてくださり、印象が変わりました。最後は病院で亡くなりましたが、後期高齢者なので支払いはびっくりするくらい少額だったんです。母の施設は元気な方々ばかりで、お年寄りの寮生活といった雰囲気です。カラオケ仲間もできて楽しそう。月の費用は年金で賄えるので、お金の面でも安心です」

コロナ禍で面会ができない時期には寂しさはあったものの、Aさんは「施設の存在が非常に心強かった」と言います。

リーズナブルな「介護付き施設」も少なくない

高齢者施設には種類があり、特別養護老人ホームは要介護3以上の人が入居できる施設です。一方、介護付き有料老人ホームは、原則として元気な高齢者が入居できる施設です。ただし、病気になった場合は医療機関と連携してケアしてくれますし、介護も必要になればお願いできます。

費用は施設ごとに異なりますが、筆者が調べたところ、特別養護老人ホームはそれほど高額ではなく、だいたい月10万円程度のようです。介護付き有料老人ホームは「入居一時金プラス毎月の利用料」という費用設定が多く、金額はピンからキリまでですが、入居一時金3000万円で毎月75万円というところもありました。

もう少し現実的なところで調べると、入居一時金が500万円、月の利用料15万円から20万円程度の施設が多いようです。総務省によると、高齢者の毎月の消費支出は約15万円で、それに加えて税金と社会保険料1万2000円程度だそうですから、それを考えると月額15万円から20万円程度の介護付き有料老人ホームは比較的リーズナブルといえるかもしれません。

次ページ75歳から施設で暮らすための必要金額
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT