デキる大人が実践している「あえて夜やる習慣」

成功するためには「朝活」だけでは不十分だった

成功者に共通する効果的な夜の過ごし方とは、いったいどんなものなのでしょうか?(写真:Fast&Slow/PIXTA)
政府がここ数年で進めてきた「働き方改革」や、新型コロナウイルスの世界的大流行により、ビジネスパーソンの働き方・生き方が変わってきている。
なかでも、自由に過ごせる夜の時間が増えているのは、特筆すべきことだ。ところが、この新しく生まれた「夜時間」をどう過ごせばいいのか、戸惑っている人が多いという。
夜時間を活用することで“世界一の男”をプロデュースしている、『結果を出し続ける人が夜やること』(あさ出版)の著者である後藤勇人氏が、より効果的な夜の活用法・過ごし方を解説する。

結果を出し続けている人に共通する点

これまで数々のいわゆる成功者と呼ばれている方、結果を出し続けている方にお会いしてきました。普段どのような時間の使い方をしているのか、お話を聞くと、多くの人が「朝」の時間をとても大事にされていました。

最も集中力が高まり、静かに誰にも邪魔されずに過ごすことができる「朝」だからこそ、さまざまな考えごと、仕事、取り組みがうまくいくからと。「朝」がいかに大事であるかは、世にたくさんの「朝時間の活用本」が出ていることからも、多くの方がご存じでしょう。

ところが、より詳しくお話を聞いてみると、あえて「夜」に取り組んでいることがあるとわかりました。実際、世界のトップリーダーといわれる人の中にも、「夜はやりたいことがたくさんあるから、できるかぎり予定を入れない」という人が少なくありません。

夜の時間を意識して活用できるかどうか。それが、これからの人生を形づくることは明らかといっていいでしょう。

次ページ仕事スイッチをオフにする
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT