お題目化した「地球温暖化やLGBT」は不毛だ

ベニオフCEOが悩む「高層ビルとホームレス」

しかし、これだけ格差が広がってしまったアメリカを見ると、もはや「ノブレス・オブリージュ」の発想を持ち込まなければ、バランスをとることはできなくなるでしょう。そして、格差が固定化しつつある日本も、いずれそうなってゆくのではないかと僕は思っています。

格差が固定しつつある日本で今後起きること

東京で起業している20~30代の若者たちと話すと、みんな本当に優秀で、しかも、多くがイケメンか美女なんですよね。一流大学を出ていて、親は弁護士や医者や大学の先生。選ばれたエリートみたいなものです。一方、地方にいくと、その対極にある若者たちがいて、二極化のすごさを感じます。

これまで日本で「ノブレス・オブリージュ」が広まってこなかったのは、中流社会だったからです。戦後の日本には戦前の貴族社会も解体されて、階層構造はなくなっていた。みんながサラリーマンで、妻と子2人という形に収斂してもいました。ところが、今はそれが崩壊してしまった。

今の日本社会には、伸びゆく者と見捨てられる者の2つに分かれつつあります。そして、優秀で、何でもやってみたいというアントレプレナーシップを持つ人の足を、日本人はすぐに引っ張ろうとする。その一方で、落ちこぼれた人のことは自己責任論で切り捨ててしまう。なんだかどちらも極端です。

今の日本でベニオフのようなことを言えば、「じゃあ、セールスフォースを解散して、そのカネを貧乏人に配れよ」というような暴論が生まれがちです。でも、そういうことではない。

伸びゆく人には伸びてもらって、社会をよりよく引っ張る存在になってもらい、落ちこぼれる人は救って守ってあげる。そういう二面作戦でやっていくしかないのではないかと僕は考えています。

ただし、同じ起業家でも、1970年代生まれで新自由主義の塊のような成長一辺倒の世代と、ミレニアム以降の若い世代とでは、かなり感覚が違ってきてもいますね。

今の20~30代で優秀な起業家は「社会に対してバリューを与える」というようなことをよく言っています。「成長できなくても、社会貢献できればよいのです」とさえ語る起業家もいる。若い人にとっては、「バリュー」「貢献」「社会のために」といったような言葉は決して無縁のものではないわけです。

世代的な変化の現れのように感じますし、今後の日本に「ノブレス・オブリージュ」の感覚が芽生える予兆なのかもしれません。

(中編に続く)
[構成:泉美木蘭]

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT