セシルマクビー撤退示す「今後危ないブランド」

コロナは中庸なアパレルを一掃しかねない

渋谷109に入っているセシルマクビー(筆者撮影)

渋谷から生まれたひとつの文化が終わった――。1990年代中盤から2000年代の“ギャル文化”を牽引してきたレディースブランド「セシルマクビー(CECIL McBEE)」を展開するジャパンイマジネーションが7月20日、全国43店舗のセシルマクビー直営店とECの展開を順次終了すると発表した。

ライセンス事業は継続するものの、渋谷のギャル文化を支えてきたブランドの終焉のニュースに、SNS上では驚きの声とともに惜しむ声が多く寄せられている。なぜ、セシルマクビーは店舗事業から撤退するに至ったのだろうか。

経営の観点では評価する声も

同社は撤退の理由として「新型コロナウイルスによる生活様式や消費行動、消費者の価値の変化に対応するため事業の再構築」を挙げる。しかし、それ以前から業績は低迷していた。2020年2月期の売上高は121億円(前期比9.1%減、6期連続の赤字)で、ピークの2007年1月期の242億円から半減している。

店舗事業からの撤退はセシルマクビーのみではなく、「エージープラス(a.g.plus)」「ルモアーズ(Rumor.s)「カシェック(CACHEC)」など6ブランドの事業も終了。業績が好調な「アンクルージュ(Ank Rouge)」「ジェイミー エーエヌケー(Jamie エーエヌケー)」「デイシー(DEICY)」「スタニングルアー(STUNNING LURE)」の4ブランドに事業を集約し、子会社のスタニングルアーの元で運営していく方針だ。

社員570人のうち主に販売職の500人は解雇し、人員は約8分の1に削減。事業整理後の売上高は3分の1ほどになる見込みだ。かなり思い切ったダウンサイジングだが、経営の観点では評価する声も小さくない。

体を守るという意味での衣服の不足は死に直結するが、着飾るための衣服は不要不急なものである――。新型コロナウイルスがファッション、アパレル業界に与えるダメージは、旅行、飲食、エンターテインメント業界に匹敵するほど大きくなってしまうだろう。非常に残念なことだが、一時代を築いたセシルマクビーの勇退は“終わりの始まり”となる可能性が高い。

次ページ1990年代ギャル文化の象徴的ブランド
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT