初代レクサスLS400「世界に与えた衝撃」の回顧 200km/h超の領域でも感じたケタ外れの静粛性

印刷
A
A

とくに微妙な音や振動の評価は感受性と集中力が求められるが、シンとした10kmの周回コースは、僕に高い集中力を持たせてくれた。

チーフエンジニアをはじめ、主要開発メンバーとのコミュニケーションも密だった。

突然電話が入り、「すぐ意見を聞きたいことがある。今から東富士にきてくれませんか。無理だったら、こちらが指定の場所に行きます」といったようなことさえ何度かあった。

「絶対に世界超一級のクルマを作る!」という熱意はすごいものだった。上記のような突然の電話による招集にしても、そんな背景あってのものと理解していたので、僕はなんの抵抗もなく受け容れられた。

日本のジャーナリスト向け初試乗会が行われたのも士別テストコース。その時もひとあし先の士別入りを頼まれた。最終チェックに参加してほしいとのことだった。

国際試乗会はフランクフルトで行われた。空港に近いホテルで、アウトバーンへも5分程度でアクセスできる。

アウトバーンへのアクセスがいいということは、「アウトバーンを走ってほしい」ということにほかならない。

ジャーナリストたちから「絶賛の嵐」

当時のアウトバーンは文字通りの速度無制限。追い越し車線を走るクルマは200km/h前後で流れていた。

レクサスLS400が挑戦するメルセデス、BMW、アウディ等々のラグジュアリーセダンも、そんな追い越し車線の常連だ。

自らの手でステアリングを握るアクティブなVIPたちは「かなり飛ばす!」。「ダークスーツにタイ」姿で追い越し車線を突っ走るジェントルマンは珍しくなかった。

そんなアウトバーンで、世界から集まったジャーナリストたちは、LS400にどんな評価を下したのだろうか。

ひとことで言えば「絶賛の嵐」だった。ちなみに、走る前の静的評価では「精巧な造り込み」に感嘆の声が上がった。

アウトバーンでの200k m/h オーバー領域でも不満を感じさせることはなかった。誰もがジャーマン・プレミアム3のライバル車たちを念頭に置いていたはずだが、その結果の「絶賛」なのだからすごい。

なかでも、多くのジャーナリストが共通して驚いていたのは「静粛性」。
「異次元」「圧倒的」「驚異的」「ありえない」……そんな言葉が次々飛び出した。

僕はそんな結果を予想していた。が、実際に試乗会の場でそうした声を聞くと、感情は昂ぶる。そして、自分が、そんなクルマの開発に関われたことの喜びが、否応なく胸の底から湧き上がってきた。

次ページアウトバーンを予測した走り、初めは緊張したが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT