熊本・鳥インフルで生かされた3年前の教訓

なぜ関係者は「影響は限定的」と口をそろえるのか

処分されたニワトリは4月16日までに全羽が埋却された

熊本県球磨郡の養鶏場で4月12日、鳥インフルエンザの感染が確認され、県は合計11万2000羽を殺処分した。2011年に宮崎県や三重県など8県で猛威を振るった鳥インフルだが、「今回の影響は限定的」と、食品や外食など関連の業界関係者らは口をそろえる。

その理由の一つが、熊本県という発生場所だ。国内のブロイラーの年間出荷羽数に占める同県の割合は2%強。「現状は球磨郡だけなので、影響はさらに軽微」(食肉加工大手)というわけだ。

迅速な初動対応の背景

また、3年前の流行を受けて改正された家畜伝染病予防法も効いている。伝染病で家畜を処分した畜産家に対し、従来は損失額の8割しか手当金が支払われなかったが、法改正で満額補償となった。これが畜産家の早期通報を促し、迅速な初動対応を可能にした。

前回は2~3日置きに別の養鶏場で相次いで感染が発覚したが、今回は4月25日現在、新たな感染報告はない。封じ込めが奏功した格好で、早ければ5月8日に周辺3キロメートルのニワトリや卵の移動制限が解除される。

ただ、油断は禁物だ。折しも「4月は渡り鳥が大移動する時期。飛来場所次第で感染が拡大する可能性もある」(京都産業大学・鳥インフルエンザ研究センターの大槻公一教授)。足元のブロイラー価格は、昨夏の猛暑でヒナの出荷数が少なかったこともあり、3年前の価格を上回る高値圏で推移している。感染が拡大するようだと、食卓にも影響が出かねないだけに、封じ込めの徹底が求められる。

「週刊東洋経済」2014年4月26日号<4月21日発売>の「ニュース最前線」に一部加筆)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
キオクシアが株式公開<br>2兆円上場に潜む「死角」

旧東芝メモリHDのキオクシアHDが10月6日東証に上場します。想定時価総額は2兆円を超え、旧親会社の東芝を大きく上回っています。3年以内の株式公開、半導体世界10傑入りと着実な歩みに見えますが、実は順風満帆ではありません。その課題とは。

東洋経済education×ICT