8億円でキリモミ降下、自壊する「みんなの党」

渡辺喜美代表が辞任、このあとどうなる?

そんな彼らからやや離れて、もう一人の女性議員である行田邦子氏が座っていた。行田氏は民主党からみどりの風を経て、13年の参院選前にみんなの党に参加した。渡辺氏が「一本釣り」をしたいわば「お気に入り」。入党したばかりの行田氏が両議院総会に初めて出席したとき、「彼女の隣に立っていた渡辺氏がやけにうれしそうだった」という話もある。だが、そんな行田氏も渡辺氏の代表辞任を求めた。地元の埼玉県では久喜市長選などの地方選を控えていたが、8億円問題が勃発して以来、ポスターなどが破られてしまい、とても戦いにならなかったからだ。

行田氏と同様に、かつては渡辺派だった三谷英弘氏も、渡辺氏から距離を置き始めている。弁護士でもある三谷氏を8億円問題調査チームの責任者に指名したのは渡辺氏本人。だが、肝心の資料の提出にも協力的ではない。そんな様子に三谷氏はうんざりしているようだ。当初15日に報告書を発表するはずだったが、25日に延期。時間をかけて十分な調査を目指す。

存亡の危機続く

浅尾氏は14日夕方に新しい役員構成を発表し、党務の要である幹事長には水野賢一氏を起用した。これも波紋を呼んだ。「水野氏はまゆみ夫人とツーカー。情報が筒抜けになる危険性がある」と危惧する若手が多いのだ。

しかし、渡辺氏と近い議員は多く、渡辺カラーを排除するのは容易ではない。そのため浅尾氏は「全員野球」で党内融和を目指す方針だ。

それにしても、渡辺マネーを調べると何が出てくるのだろうか。全容が明らかになれば、「みんなの党だけでなく、(みんなから昨年12月に分裂した)結いの党も潰れかねない」とささやかれている。

渡辺氏の個人商店だったみんなの党は、すでにキリモミ降下に入ったといっていいのかもしれない。

週刊東洋経済2014年4月26日号〈21日発売〉「核心リポート03」に一部加筆。写真:吉野純治、記事内容は4月15日時点のものです

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。