「在宅で仕事がはかどる」環境作り5つのコツ

デスク周りを整えて自宅を最強のオフィスに

1. スポットライト効果を利用する

「自宅の机ではなかなか仕事モードになれない」とお悩みの方もいるでしょう。そんな方にオススメしたいのが、照明の使い方です。

部屋全体を暗くして、デスク周りだけスポットライトを当てるように、デスクライトで照らします。そうすると自然と周りが気にならなくなり、注意がデスクだけに向きます。
集中して仕事をするには、自宅の部屋は全体的に明るすぎるのです。

スポットライト(写真:筆者撮影)

通常のディスプレー3個分の大型ディスプレー

2. ディスプレーを大きくする

自宅の机で仕事効率を上げる手っ取り早い方法があります。それはPCのディスプレーを大きくすることです。

今、僕のデスクに乗っているのは49インチの超ウルトラワイドディスプレー。通常のディスプレー3個分の面積があります。これなら、横長の表計算も、ブラウザを開きながらのプレゼン資料作成も、テレビ会議画面を開きながらの議事録作成も、すべて1画面に収まってしまいます。

オフィスではもちろん、こんなディスプレーを設置するスペースはもらえません。自宅だからこそ、自分の思うとおりの環境を作ることができます。多少高い買い物ですが、毎日使うものだと考えれば、費用対効果は高いものだと思います。

大画面ディスプレー(写真:筆者撮影)
次ページ机より重要なのはイス
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。