セブン&アイが頭を悩ます「お荷物事業」の行方

見えぬ次の成長柱、グループ再編待ったなし

ただ、今後も決して盤石とはいえない。

収益柱である国内のセブン-イレブンは、冷凍食品売り場の拡大など新しいレイアウトを導入しているが、2013年に投入したセブンカフェ以降、ヒット商品を生み出せていない。店舗網拡張を進めた結果、近隣のセブン-イレブン同士で顧客を奪い合うケースも頻発し、1店舗あたりの平均売上高は頭打ち傾向にある。

加盟店は人件費の高騰に苦しんでおり、その負担を軽減するため、2020年3月から本部が徴収するロイヤルティーの仕組みを変更した。これが2021年2月期以降、年間約100億円の本部費用負担としてのしかかる。

次の成長柱として期待するアメリカのセブン‐イレブン事業はハンバーガーやホットドッグといったオリジナル商品の販売が伸び、2020年2月期の営業利益は前期比9.5%増の1216億円と勢いづいている。だが、2020年3月にはアメリカコンビニ業界3位のスピードウェイ買収を検討したが結局見送り、成長戦略はつまづいた形となった。

リストラ頼みの経営戦略

そうなると、利益拡大に向けた頼みの綱はやはりリストラだ。特に注目を集めるのが、イトーヨーカ堂とそごう・西武である。

イトーヨーカ堂は2020年2月期の営業収益が1兆1851億円(前期比4.1%減)、営業利益は65億円(同38.5%増)で着地したが、2016年10月に公表した中期経営計画で2020年2月期の目標値として掲げた営業利益150億円の半分にも届いていない。

6月17日にオープンしたヨークフーズ新宿富久店(記者撮影)

そこでイトーヨーカ堂を中心とするスーパー事業では、効率性向上に力を注ぐ。6月1日には、首都圏に構えるグループ傘下のスーパーを首都圏の食品スーパー事業を担うヨーク社に集約。食品スーパー「食品館」やディスカウントストア「ザ・プライス」など、従来の業態の垣根を越えた新たな店舗作りを目指すと同時に、セントラルキッチンの導入による効率化を進める。

ヨークの岡田太郎執行役員は6月17日に開店した「ヨークフーズ新宿富久店」(東京都新宿区)について、「グループ内の各業態の強みを生かして、生産性を高めていく」と強調した。

一方、地方ではイトーヨーカ堂のシェアが低く、店舗閉鎖の決断を迫られそうだ。セブン&アイHDは「低採算の33店舗でグループ内外企業との連携による業績改善や閉店を検討する」という方針を示しており、店舗撤退にどこまで踏み切れるかが焦点となる。

次ページそごう・西武は目標の1%にとどまる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT