大作を迅速公開「ソニー・ピクチャーズ」の信念

コロナ禍の劇場救いたいと「若草物語」封切り

公開を後押ししたのはそれだけではない。ソニー・ピクチャーズのDNAもある。

「ハリウッドのメジャースタジオの中で、ストリーミングの会社を持っていないのはうちだけ(注:ディズニーは「Disney+」、ワーナーは「HBOマックス」、ユニバーサルは「Peacock」、パラマウントは「Pluto TV」といった動画配信会社が系列にある)。アメリカ本社の人間も明確に言っているが、だからこそ映画館ビジネスをきっちりやるんだと。映画館を運営する興行会社が厳しいときには何かできることをやりましょうという決断にもなる」(佐藤氏)

他より決断が早かったおかげで、館数も大きく増やすことができた。当初は全国128館で上映予定だったが、今回の公開決定で倍以上の340館で公開されることとなった。

手を挙げた劇場にはすべて配給する方針

「いわゆるアクション大作ではないため、コロナが拡大する前は150館前後で手堅くやろうと考えていた。しかし、改めて6月12日に公開するとアナウンスしたところ、全国の映画館が手を挙げてくれた。『スパイダーマン』が全国350~360館くらいなので、340館という数字はそれと遜色がない規模で上映することになる。われわれとしても、全国の皆さんに観ていただけるチャンスをいただけた」(佐藤氏)

本来なら同じ地区で営業する映画館が複数あったら、その中の1館を選んでかぶらないないように調整しているというが、劇場を応援する意味も込めて、手を挙げた劇場にはすべて配給する方針を打ち出している。

劇場側にとっても待望の作品となった。TOHOシネマズの近藤部長は「新作公開が少ない中、いち早く公開が決まった『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』にはとても期待をしている。本作を通して、家庭では味わえない映画館ならではの映像体験を楽しんでいただきたい」と、期待を寄せる。

観客からも歓喜の声があがっている。SNSには「少しずつ新作映画の劇場公開が間近に決まってくると、希望の光が差してくる感じ」「グレタ・ガーウィグの若草物語を、映画館再開の1本目にみれたら最高だな。6月は楽しみが増えてきてうれしい」といった声があがっている。

まだまだ集客が厳しい状況だが、本作が映画館に賑わいを取り戻す突破口になるか、注目したい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT