NYダウが1861ドル安、1日で6.9%の急落 

新型コロナ感染第2波への懸念が再び高まる

米国株式市場では主要3指数が5%超下落し、3月中旬以来の大幅な下げとなった。ダウ工業株30種は1861ドル(6.9%)急落した。ウォール街で3月撮影(2019年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米国株式市場では主要3指数が5%超下落し、3月中旬以来の大幅な下げとなった。ダウ工業株30種<.DJI>は1861ドル(6.9%)急落した。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で示された厳しい経済見通しを織り込む中で、新型コロナウイルスの感染第2波を巡る懸念が再燃した。

幅広い銘柄が売られ、S&P総合500種<.SPX>の11主要セクターは軒並み下落。エネルギー<.SPNY>は9.5%、金融<.SPSY>は8.2%の大幅安となった。

キングスビュー・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ポール・ノルテ氏は「買いを入れる局面は実質存在しなかった。終日売られる展開だった」と述べた。

インバーネス・カウンセルの首席投資ストラテジスト、ティム・グリスキー氏は「相場が天井圏に迫っているとの懸念がある」と指摘した。

ハーバード・グローバル・ヘルス研究所の研究者は前日、新型コロナ感染症による米国の死者が9月に20万人に達するとの予想を発表した。

米連邦準備理事会(FRB)は9─10日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で異例の経済支援を継続すると改めて表明。パウエル議長は会見で回復は「長い道のりだ。しばらく時間がかかる」と語った。

ノバポイントの最高投資責任者ジョセフ・スロカ氏は「2022年まで金利を据え置くという表明によって、FRBが景気回復ペースへの懸念を深めているとの印象を与えた可能性がある」と述べた。

朝方発表された米指標では、6月6日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)が前週比35万5000件減の154万2000件となったものの、5月30日終了週の失業保険受給総数は2092万9000件と高水準にとどまっている。

5月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前月比0.4%上昇。食肉価格の上昇が主な押し上げ要因となり、予想の0.1%を上回って上昇したが、卸売物価の基調的なトレンドはなお低調となっている。

投資家の不安心理を映すボラティリティー・インデックス(VIX、恐怖指数)<.VIX>は3月16日以来の大幅な上昇を記録した。

前日のFRBの決定を受け、金利動向に敏感な銀行株<.SPXBK>は9.6%下落。旅行関連株の売りも膨らみ、S&P1500航空株<.SPCOMAIR>は13.8%急落した。

ボーイング<BA.N>は16.4%の大幅安。主要サプライヤーのスピリット・エアロシステムズ<SPR.N>がボーイング737機の生産などに関わる従業員を21日間レイオフとする方針を発表した。

クルーズ船運航のノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングス<NCLH.N>は16.5%、ロイヤル・カリビアン・クルーズ<RCL.N>は14.3%それぞれ下落した。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を17.60対1の比率で上回った。ナスダックでは12.98対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は約153億1000万株。直近20営業日の平均は約128億3000万株。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25128.1 -1,861. -6.90 26282. 26294. 25082. <.DJI>

7 8251 08 72

前営業日終値 26989.9

9

ナスダック総合 9492.73 -527.62 -5.27 9791.2 9868.0 9491.3 <.IXIC>

4 8 1

前営業日終値 10020.3

5

S&P総合500種 3002.10 -188.04 -5.89 3123.5 3123.5 2999.4 <.SPX>

3 3 9

前営業日終値 3190.14

ダウ輸送株20種 8839.36 -739.71 -7.72 <.DJT>

ダウ公共株15種 793.23 -31.49 -3.82 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1876.66 -128.00 -6.39 <.SOX>

VIX指数40.69 +13.12 +47.59 <.VIX>

S&P一般消費財 1009.09 -52.12 -4.91 <.SPLRCD>

S&P素材 338.44 -28.40 -7.74 <.SPLRCM>

S&P工業 568.41 -43.09 -7.05 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 593.11 -23.47 -3.81 <.SPLRCS>

S&P金融 382.62 -34.08 -8.18 <.SPSY>

S&P不動産 213.07 -14.23 -6.26 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 291.39 -30.42 -9.45 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1126.67 -67.17 -5.63 <.SPXHC>

S&P通信サービス 178.44 -8.69 -4.64 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1721.96 -106.28 -5.81 <.SPLRCT>

S&P公益事業 296.64 -12.29 -3.98 <.SPLRCU>

NYSE出来高 10.87億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 21725 - 585 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 21640 - 670 大阪比 <0#NIY:>

 

 

(S&Pセクター別指数は関連コンテンツでご覧ください; リフィニティブデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT