日本も他人事でない「香港騒乱」の歴史的ヤバさ

チベット系日本人が訴えたい世界情勢の現実

当然、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダの4カ国が共同声明を発表するなど、主要各国はこの動きに反対している。しかし先に述べたように、自分たちの国内事情で手いっぱいであり、大きな干渉ができていないのが現状である。

残念ながら、この香港騒動はしばらく続くことになるだろう。加えて、台湾に対しても手を伸ばしていくはずだ。

中国のこうした動きを、世界はただ受け入れるべきなのか。中国が世界の覇権国になれば、共産主義を求められ、人権が否定され、思想や宗教は弾圧され、なにより表現や結社の自由も徹底的に制限されることが考えられる。

実際、中国の影響を大きく受けているアフリカの国々では、言論弾圧のようなことが起きている。つまり、60数カ国に及ぶ中国の経済圏構想「一帯一路」でも、同様の事態が起こりうるわけだ。

私たちは香港騒乱にどう向き合うべきか

『2020年、世界の覇権争い 〜世界はどう動き、日本はどうすべきかを読み解く〜』(あさ出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

中国のこれからの歩み方次第で、アメリカのスタンスも変わり、アメリカが日本に求める立ち位置も変わるだろう。当然にして、アジアのあり方も変わる。決して他人事ではない。

米中の覇権争いを天秤にかけ、うまく「漁夫の利を得よう」と考える人も少なくないようだ。だが選択を誤れば、自らの自由と民主主義も含む、大きな犠牲を払うことになりかねない。

世界で何が起きているのか、世界の秩序がどのように推移していくのかを見極めることは、ビジネスパーソンにとって欠かせない知見となる。自分たちの未来と自由を守るためにも、国際問題から目を離さないことだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT