コロナ禍の飲酒「増えた・減った」9カ国調査

全体の30%が飲酒量減少、規制する国も

新型コロナウイルスによるロックダウンや外出自粛期間中、飲酒量は減ったとの調査が明らかになった。再開された米ニュージャージー州のビーチでビールなどを買い求める人々。5月23日撮影。(2020年 ロイター/Eduardo Munoz)

[ブリュッセル 5日 ロイター] - 新型コロナウイルスによるロックダウン(封鎖)や外出自粛期間中、飲酒量は減ったとの調査が明らかになった。

世界の大手酒造12社が加盟する非営利団体「責任ある飲酒国際連盟(IARD)」が、世界9カ国で5月13─21日に1万1000人を対象に実施した調査によると、飲酒量が減ったとの回答は全体の30%、増えたとの回答は11%だった。

調査対象のうち、南アフリカは感染期間中のアルコール販売を禁止、メキシコも規制しており、両国とも飲酒量が減ったと回答が大半だった。他の国でも、飲酒量が減ったとの回答が多かった。

フランスでは、飲酒量が減ったとの回答は29%、増えたとの回答は10%だった。ここまで顕著ではないがドイツ、日本、オーストラリア、ニュージーランドでも同じ傾向だった。差は小さいが米国でも同様だった。

英国は例外で、パブやバーが完全に閉鎖されたにもかかわらず、飲酒量が増えたとの回答が21%、減ったとの回答が19%だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT