コロナ禍の飲酒「増えた・減った」9カ国調査

全体の30%が飲酒量減少、規制する国も

新型コロナウイルスによるロックダウンや外出自粛期間中、飲酒量は減ったとの調査が明らかになった。再開された米ニュージャージー州のビーチでビールなどを買い求める人々。5月23日撮影。(2020年 ロイター/Eduardo Munoz)

[ブリュッセル 5日 ロイター] - 新型コロナウイルスによるロックダウン(封鎖)や外出自粛期間中、飲酒量は減ったとの調査が明らかになった。

世界の大手酒造12社が加盟する非営利団体「責任ある飲酒国際連盟(IARD)」が、世界9カ国で5月13─21日に1万1000人を対象に実施した調査によると、飲酒量が減ったとの回答は全体の30%、増えたとの回答は11%だった。

調査対象のうち、南アフリカは感染期間中のアルコール販売を禁止、メキシコも規制しており、両国とも飲酒量が減ったと回答が大半だった。他の国でも、飲酒量が減ったとの回答が多かった。

フランスでは、飲酒量が減ったとの回答は29%、増えたとの回答は10%だった。ここまで顕著ではないがドイツ、日本、オーストラリア、ニュージーランドでも同じ傾向だった。差は小さいが米国でも同様だった。

英国は例外で、パブやバーが完全に閉鎖されたにもかかわらず、飲酒量が増えたとの回答が21%、減ったとの回答が19%だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT