長年停滞したAIに、進化をもたらした男

グーグルのAIの中核をなす技術も開発

グーグルとの奇跡のタッグ

ングは、スタンフォード大学でAIラボを率いている。ディープラーニングを実際に実験するには大量のコンピュータ処理能力とデータが必要になり、それを提供してくれたのがグーグルだった。そこでグーグル・ブレーンというプロジェクトを行い、上記のような成果を生んだわけだが、この技術は今やグーグルの検索や画像検索、翻訳などに用いられている。

実は、AIは1950年代に本格的に着手された歴史ある研究分野なのだが、途中で大きな壁にぶちあたって長年停滞していた。最近、AIへ再び注目が集まっているのは、ングの研究のような新しいアプローチが出てきたことと、コンピュータの処理能力が以前とは比べものにならないくらい高まったことが背景にある。

そして、世の中がAIの力を欲していることも無視できない。自律走行車やロボット、スマートフォンのバーチャル・アシスタント機能、スマート家電など、AIによって実現する新しい領域、われわれの生活や仕事を助けてくれる分野がたくさん控えているのだ。そのAIの火を再び点火させたのがングなのである。

ところで、ングのアプローチを知りたければ、コーセラに「機械学習(Machine Learning)」という彼の講義がアップされている。これにアクセスすれば、AIとコーセラの両方をじっくり学ぶことができるはずだ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT