NYダウ529ドル高、さらなる上昇は期待できるか

S&P500は3月5日以来一時3000ポイントを回復

連休明け26日の米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価は529ドル高で終了したほか、S&P総合500種指数は一時節目となる3000ポイントを突破した。ニューヨーク証券取引所で撮影(2020年 ロイター/BRENDAN MCDERMID)

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 連休明け26日の米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価<.DJI>は529ドル高で終了したほか、S&P総合500種指数<.SPX>は一時節目となる3000ポイントを突破した。新型コロナウイルスワクチンや経済活動再開を巡る期待が買いを後押しした。

前日はメモリアルデーのため休場だった。

主要株価指数は終盤に上げを縮小。トランプ米政権が中国の当局者や企業、金融機関に対する制裁を検討しているというブルームバーグの報道を受けた。

米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長はこの日、FOX系メディアとのインタビューで、新型コロナなどを巡ってトランプ大統領は中国に対し「怒り心頭」に発しており、米中通商合意の重要性は以前よりも薄れているという認識を示した。

S&P総合500種が節目の3000ポイントを超えたのは3月5日以来。同23日の直近下値からは最大で約38%戻した。2月に付けた最高値からは11.7%下げた水準にある。

シティ・パーソナル・ウェルス・マネジメントの投資戦略責任者、ショーン・スナイダー氏は、新型コロナワクチンなどのニュースのほか、予想を上回った住宅販売指標やJPモルガン・チェース<JPM.N>のダイモン最高経営責任者(CEO)の発言などに言及。「さまざまなニュースを総合して、相場の押し上げになった」と述べた。

コンファレンス・ボード(CB)がこの日発表した5月の米消費者信頼感指数は86.6と、前月の85.7(下方改定)から小幅上昇した。

セクター別では情報技術株<.SPLRCT>とヘルスケア株<.SPXHC>が小幅安で終了。金融株<.SPSY>は5%、工業株<.SPLRCI>は4.2%それぞれ急伸した。

JPモルガン・チェースのダイモンCEOは、年後半の貸倒引当金について、増やす必要はないと指摘。シティのスナイダー氏によると、この発言が金融株を押し上げたという。JPモルガンは7.1%高。

バイオテクノロジー企業のノババックス<NVAX.O>は4.5%上昇。新型コロナワクチン候補の初期臨床試験を開始したと発表した。製薬大手メルク<MRK.N>も、新型コロナワクチン2種類の開発に向けて豪ワクチンメーカー買収などを発表した。終値は1.2%高

マクロ経済的なデータは大幅な景気後退を示しているが、スナイダー氏は景気回復に注目していると指摘。ただ11月に米大統領選を控えていることや米中間の緊張が高まっていることから、「ここからの相場回復はこれまで以上に難しいだろう」と述べた。

ニューヨーク証券取引所はこの日、3月23日の閉鎖以来初めてトレーディングフロアでの取引を再開した。

ニューヨーク証取では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を4.91対1の比率で上回った。ナスダックでは2.35対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は121億1000万株。直近20営業日の平均は112億6000万株株。

 

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 24995.11 +529.95 +2.17 24781.8 25176.4 24781.8 <.DJI>

4 2 4

前営業日終値 24465.16

ナスダック総合 9340.22 +15.63 +0.17 9501.21 9501.21 9333.16 <.IXIC>

前営業日終値9324.59

S&P総合500種 2991.77 +36.32 +1.23 3004.08 3021.72 2988.17 <.SPX>

前営業日終値2955.45

ダウ輸送株20種 8895.61 +425.52 +5.02 <.DJT>

ダウ公共株15種 769.03 +5.10 +0.67 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1820.51 +18.20 +1.01 <.SOX>

VIX指数 28.01 -0.15 -0.53 <.VIX>

S&P一般消費財 993.30 +10.91 +1.11 <.SPLRCD>

S&P素材 341.73 +8.87 +2.67 <.SPLRCM>

S&P工業 560.67 +22.83 +4.24 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 591.11 +3.13 +0.53 <.SPLRCS>

S&P金融 381.92 +18.32 +5.04 <.SPSY>

S&P不動産 208.87 +6.41 +3.17 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 297.34 +8.40 +2.91 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1156.27 -2.24 -0.19 <.SPXHC>

S&P通信サービス 180.36 +0.51 +0.29 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1692.53 -1.98 -0.12 <.SPLRCT>

S&P公益事業287.76 +2.09 +0.73 <.SPLRCU>

NYSE出来高 11.56億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 21290 + 10 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物6月限円建て 21275 - 5 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。