ジム・ロジャーズが恐れる世界の最悪シナリオ

リーマンショックとは逆の流れで経済悪化する

ジム・ロジャーズ氏はこの先の世界情勢をどう見ているのか?(写真は2019年7月、東洋経済オンラインの対談企画で 撮影:佐々木 仁)

新型コロナウイルスが予測不可能な不安感を肥大化させ、全世界が混乱状態に陥っている。これまでにない大規模な不況の到来も危惧されており、経済、金融、社会、国際政治などへの影響も計り知れない。

この先の世界情勢はどうなるのか。『ジム・ロジャーズ 大予測: 激変する世界の見方』(ジム・ロジャーズ 著、花輪陽子/アレックス・南レッドヘッド 監修・翻訳、東洋経済新報社)が大胆に予測している。

この著書は世界的投資家であり、多くの予測を的中させてきたジム・ロジャーズ氏への緊急インタビューを収めたもの。1月下旬と3月中旬にシンガポールにある氏の自宅で、計10時間以上にわたって収録されたものだそうだ。

まさに、世界がコロナ禍に飲み込まれる渦中に行われたインタビューだということになる。そのせいか、ただでさえ切れ味の鋭いロジャーズ氏の言葉は、さらに研ぎ澄まされているように感じる。

今後の世界の動向、日本の限界、人生設計&投資戦略と話題は多岐にわたるが、ここでは、いま最も関心が高いであろうコロナショックに言及した第1章「コロナショックは戦後最大の危機の始まりか」に焦点を当ててみたい。

次の金融危機は「人生最大規模」に

コロナショックによって世界のマーケットが混乱している状況については、ロジャーズ氏も「世界が不況に突入することは、もはや避けられない」と断言している。

なにしろ世界中の国々が経済を停止させてしまったのだから、当然の話だ。人の往来がなくなったため、航空会社、ホテル、映画館などは破綻への秒読み段階。工場、学校、政府機関も閉鎖されているのだから、その影響の大きさは計り知れない。

しかもロジャーズ氏は、この不況が回復する前に、事態はさらに悪化するだろうと見ている。アメリカ金融大手のゴールドマン・サックスの予測によれば、2020年4〜6月期のアメリカGDP成長率の見通しはマイナス24%。もし四半期ベースでマイナス24%という数字が現実化したとしたら、過去最大のマイナス成長ということになる。

アメリカ・セントルイス地区連銀のブラード総裁は、GDPが4〜6月期にはマイナス50%、失業率は30%に達する可能性があると発言しているそうだが、ロジャーズ氏はそうした現実を目の前にして、「もう『不況になる』『ならない』のレベルではない」と話している。

次ページ迷うことのない断言から感じる恐怖
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。