コマツ、前期の最終利益は4割減の1538億円

今2021年3月期業績と配当の予想は未定

コマツが18日発表した2020年3月期(前期)の当期利益(米国基準)は前年比40.0%減の1538億円だった。写真は2017年3月、米ネバダ州ラスベガスの展示会で撮影(2020年 ロイター/David Becker)

[東京 18日 ロイター] - コマツ<6301.T>は18日、2020年3月期(前期)の当期利益(米国基準)は前年比40.0%減の1538億円だったと発表した。売上高は同10.3%減の2兆4449億円。第4四半期の新型コロナウイルス感染拡大の影響に加え、建設機械・車両部門において、アジアをはじめとする戦略市場での需要減少などが響いた。

2021年3月期(今期)の連結業績予想・配当予想の公表は見送った。世界各国に拡大した新型コロナの終息が見通せない中、適正で合理的な算定が困難なため。

リフィニティブがまとめたアナリスト15人による今期当期利益予想の平均は1556億円となっている。

 

 

(新田裕貴)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT