テレビに「結論ありき」が跋扈する悲しい事情

なぜ都合の良いコメントだけを切り取るのか

そういうときは必ず「生放送で時間がないからほしいコメントは決まっていますよね」「だからもう流れが決まっているんですか?」などと理解を示しつつ探りを入れるようにしていますが、すると大半のディレクターたちは「そうなんですよ」「すいません」などと正直に話してくれます。彼らの上にはプロデューサーやチーフディレクターなどがいて、その指示に沿って動いていることも、その言動に影響を与えているのでしょう。

下記、実体験と取材をもとに、彼らの心境を挙げていくと、

「会議の決定や仮台本に『極力これでいきたい』という流れがある」→「だから、そういうコメントをもらいたいし、もらえる人を探している」

「生放送だから時間内に収めなければいけない」→「だから、必要なコメントだけをコンパクトにもらいたいし、それ以外は使わない」

「取材したからには多少なりとも使わなければいけない」→「だから、最初にほしいコメントがもらえるかを尋ねて無駄をなくしたい(使えないコメントには報酬を払いにくい)」

「他の専門家に当たっている時間と労力がない」→「だから、こちらの意図を汲んでくれる物わかりのいい人がいると助かる」

制作側の事情優先で甘えも感じてしまう

“結論ありき”になりがちな理由には、放送内容だけでなく、取材時間の短さと人員の少なさ、各コーナーの尺(放送時間)、縦の人間関係などが挙げられますが、いずれも制作側の事情。残念ながら「これくらいは協力してもらえますよね」という甘えを感じてしまうことがありますし、専門家たちの間では、「『協力してもらっている』のではなく、いまだに『番組に出たらメリットもあるだろう』という上から目線の人がいる」という話も出ます。

そうした意識は制作サイドだけでなく出演者たちにも共有されているため、番組の放送中も空気を読んで“結論ありき”のコメントをしがちになり、良く言えば協調性がある、悪く言えばイエスマンぞろい。生放送だからこそ、時間通りの進行に計算が立つコメンテーターや専門家が重宝されますし、情報番組の出演者が似た顔ぶれになりがちなのはこんな背景があるのです。

次ページ自分のコメントは事前確認できない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT