「満員電車を日本からなくす」たった1つの方法

「定時廃止」「成果主義」が多くの労働者を救う

私は現在(というか、コロナ以後はリモートになったが)フリーランスだが、外注先の博報堂に週1回、小学館に週2回通っている。博報堂は10時30分、小学館は11時か、10時30分に着けばいい。いつもその30分前に電車に乗るが、いずれの時間帯も電車は空いていた。満員電車のピークはだいたい8時ごろ。たかが1、2時間ほど遅く電車に乗るだけで、混雑に巻き込まれなくて済む。

「定時」に縛られた従業員がラッシュアワーでの通勤を強いられ、押し合いへし合いの中、電車で疲労困憊している。駅を降りてからも大量の人間が同じ方向に向かい、さすがに接触することはないものの、不快指数はかなり高い。JR品川駅の大混雑は今回のコロナ騒動で多数テレビで報じられた。あれでも平時と比べればマシなレベルである。

もう「定時」は要らない

だから、今回のコロナでリモートワークに成功した人には「定時をなくす」運動を起こしてほしい。「別に9時出社じゃなくてもよくないですか? 私は10時30分ぐらいには着くようにしますので」「僕は得意先に10時に行き、12時ぐらいには会社に着きますんで」といった形で満員電車に乗らない状況を首都圏で作れれば、どれだけ多くの労働者が快適に仕事ができるだろうか。

仮に「9時から会議」を要請されたとしても、テレワークで会議ができることは今回よくわかった。10時まで自宅で会議をしたところで自宅を出て、11時20分に出社するなどしてもいいではないか。

「会社に指示された時間に出社する社員は偉い」といった価値観は令和の時代には合わない。むしろ単に仕事でいかに成果を出しているかだけを評価基準にしたほうがいい。

「アイツは部署で一番早く来ていてエラいな!」と考える上司が今の時代にいるかどうかはわからないが、毎日満員電車に乗ることを良しとし、定時少し前にデスクに到着する人物が評価されるような時代ではないといった認識を各人が持ったほうがいいのではないか。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。