ついに転換点を迎えた?米国の株式市場

手仕舞いか、一時的な利益確定か

しかし、今は先進国株式、とりわけ米国株式が本命で、それが崩れることはない。となると、米国株式から流出は難しく、せいぜいダウやS&P銘柄からハイテク、ナスダックへの移動、あるいは非上場株、ベンチャーキャピタルなどだった。

欧米でも、投資ブームが去った可能性

ここで難しいのは、ロシアウクライナ情勢や中国問題などが、どの程度投資家のセンチメントに影響するかということだ。意外と欧米投資家が脆弱な構造になっているのは、米国や英国の金融規制の影響が大きく、レバレッジを利かせた投資は、金融機関には問題外で、リスク投資の主体がヘッジファンドや企業などに限られてきてしまっていることだ。

となると、投資家の幅は狭まっており、非上場株、ヴェンチャー投資、M&Aなどは豊富でも、上場株を単に買う、という投資のブームは去り、地政学的なショックが起これば、そのマーケットは一気に崩れる可能性もある。そこへ、今の水準の高さ、これまでの上昇度合い、ということを考えると、ここで一時的な調整と、転換点の中間ぐらい、つまり、転換点で一気に悲観に傾くわけではないが、悲観に次に傾いたときのために準備しておくために、大きな一時的な調整を行なっている、というのが妥当な解釈ではなかろうか。

したがって、今週の株式市場は要注目だが、割と大きな節目に立っていることは間違いないと思われる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT