ANAHD、1—3月期は約600億円の巨額赤字に

前期純利益は940億円から270億円に下方修正

 4月20日、全日本空輸などの航空会社を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD)は、2020年3月期の連結純利益予想を270億円に下方修正したと発表した。写真は羽田空港で3月撮影(2020年 ロイター/Edgard Garrido)

[東京 20日 ロイター] - 全日本空輸などの航空会社を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD)<9202.T>は20日、2020年3月期の連結純利益予想を270億円に下方修正したと発表した。従来は940億円を見込んでいた。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための各国の入国制限や日本政府の移動自粛要請の影響により、3月にかけて航空需要が急減。

19年4―12月期までの実績を差し引くと、同年1―3月期は営業利益、純利益いずれも約600億円の赤字となる見通し。

前期の売上高予想は従来の2兆0900億円から1兆9700億円に、営業利益予想は1400億円から600億円にそれぞれ引き下げた。決算発表は4月28日に予定している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT