ANAHD、1—3月期は約600億円の巨額赤字に

前期純利益は940億円から270億円に下方修正

 4月20日、全日本空輸などの航空会社を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD)は、2020年3月期の連結純利益予想を270億円に下方修正したと発表した。写真は羽田空港で3月撮影(2020年 ロイター/Edgard Garrido)

[東京 20日 ロイター] - 全日本空輸などの航空会社を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD)<9202.T>は20日、2020年3月期の連結純利益予想を270億円に下方修正したと発表した。従来は940億円を見込んでいた。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための各国の入国制限や日本政府の移動自粛要請の影響により、3月にかけて航空需要が急減。

19年4―12月期までの実績を差し引くと、同年1―3月期は営業利益、純利益いずれも約600億円の赤字となる見通し。

前期の売上高予想は従来の2兆0900億円から1兆9700億円に、営業利益予想は1400億円から600億円にそれぞれ引き下げた。決算発表は4月28日に予定している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT