コロワイドが大戸屋に「株主提案」を行う真意

なぜ役員刷新か、野尻社長120分インタビュー

人件費を始めとするコストもかけすぎており、結果として値上げせざるを得なくなって、定食なのに1000円近い価格帯になっている。セントラルキッチンの活用などの合理化を進めれば、シナジーは6億9000万円程度出せると考えている。その結果、各メニューの価格も100円程度下げることができる。

売上高を2.4倍の600億円にできる

――コロワイドのセントラルキッチンの稼働率を上げたいからではないかという指摘もあります。また、店内で調理するからおいしいのであって、セントラルキッチンにしたら大戸屋の良さが失われるのでは?

そんなことはない。現在、工場はフル稼働だ。大戸屋のために新たな工場が必要になると考えている。店内調理に関しても、大戸屋側は「調理方法は最高機密だ」などといっているが、アルバイトや日雇いのスタッフに鍋をふらせておいて何が最高機密だというのか。しかも、現在の経営陣になって冷凍食品も使っており昔とは違う。確かに、われわれはセントラルキッチンでやっているが、すべて工場で作って運んでいるわけではなく、店内でも調理している。われわれがやった方が確実に品質は向上する。

コロワイドの野尻公平社長は、これまでM&Aを駆使して業容を拡大してきた(写真:コロワイド)

コロワイドはこれまで多くのM&Aを手掛けてきたが、経営再建にあたっては基本、プロパーの社員に任せてきた。コロワイドのインフラを使って、自分たちで再建してくれという方針だ。したがって、大戸屋にもそうしてもらうつもり。良さを失われないようにするためだ。

大戸屋の経営が苦しくなっているのはガバナンスのせいだ。商品が出てくるまで時間がかかり、マーケティングもしていないためメニュー開発どころか、品質の低下も招いている。合理化を進め、良さをさらに引き出せば、現在250憶円くらいの売り上げを、約2.4倍の600億円にまで持っていける。そんな状況を客観視できず、改善できていない今の経営陣は、株主として刷新すべきだ。

――しかし、なぜ今、株主提案するのかという声もあります。

すべてコロナショックだ。今のような状況が続けばフランチャイズ(FC)の加盟店がもたない。大戸屋の約3分の2がFC店。今やらなければ、FC店は閉めざるを得なくなり、ひいては大戸屋自体の屋台骨が揺らぐ。だから、今、やろうとしているのだ。私は昔から大戸屋のファン。ファンとして、そして株主として、大戸屋によくなってほしいと思っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT