京急「品川再開発」、トヨタ参加で大きく変貌?

リニアと自動運転の「次世代ターミナル」に

トヨタは単なるテナントとして入居するのではなく、京急との共同事業者として再開発計画に参加する。京急は敷地の一部をトヨタに譲渡し、両社が共同で再開発を実施、完成後はトヨタが施設の一部をオフィスとして利用する。

複合施設「シナガワ グース」の外観(編集部撮影)

東京都には品川―白金高輪間を地下鉄で結ぶ構想がある。トヨタの東京本社は水道橋近くにあるため、品川地下鉄が完成すれば、都営三田線を経由して品川と水道橋の間がぐっと近づく。また、トヨタは名古屋駅前にもオフィスを持つ。品川のオフィスからならリニア完成後はわずか40分で結ばれるため、地下鉄やリニアが開業すれば、トヨタにとって品川は利便性の高い場所になる。

さらに、国土交通省は品川駅西口の国道15号上空に自動運転など最先端のモビリティの乗降場を集約した次世代型交通ターミナルを整備する構想を持つ。「未来の乗り物」ともいえるリニアの開業だけでも品川駅は世界に誇れる駅となるが、そこへ自動運転車も加わる。鉄道だけでなく自動車も含め、「世界に誇れる交通拠点」(国土交通省)を目指すことになる。

大変貌する品川駅西口

4月1日には、都が京急・泉岳寺―新馬場間約1.7kmの連続立体交差事業に着手すると発表した。これにより、現在は高架駅の品川駅が地上駅となり、地上駅の北品川駅が逆に高架駅となる。周辺の踏切3カ所が撤去され、交通渋滞や踏切事故の解消が期待される。また、高輪ゲートウェイ付近の高架が地上化するので、景観もよくなる。事業費は1247億円で2029年度に完成予定だ。

品川駅の地平化は2027年ごろに予定されている。地平化によってホームは2面3線から2面4線になり、ホーム上の混雑緩和や運転時間の短縮が期待できる。羽田空港国内線ターミナル駅に引き上げ線を新設する計画もあり、これらの施策によって品川―羽田空港間の輸送力増強が可能になるというメリットも京急にはある。

京急はこのほかに「高輪4丁目地区」計画と呼ばれる、京急の2棟のビルの敷地約8000㎡を再開発する計画もある。さらに、西武ホールディングスもシナガワ グースの隣接地に「グランドプリンスホテル高輪」などの物件を抱えており、これらを再開発する構想もある。

品川駅西口がどう変貌するか、これまで描かれていた青写真が少しずつ具体化してきた。あとは、新型コロナウイルスの影響をどう乗り越えて、実行するかだ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT