グーグル「コロナ対策サイト」一目でわかる凄み

データ利活用と個人情報保護の両立が不可欠

こうした「データの利活用」と「プライバシーの保護」の両立が求められるようになってきた中で発生したのが、新型コロナウイルスの感染拡大です。

グーグルは、ユーザーの位置情報を匿名化し集計した『COVID-19 コミュニティモビリティレポート』を公開することによって、新型コロナウイルス対策をすすめています。「データの利活用」自体はこのタイミングにおいて重要であることは言うまでもありませんが、その一方でプライバシーが侵害されて、個人が特定されてしまうのではないだろうか、という「プライバシーの保護」に不安を抱く人は少なくないでしょう。

グーグルのミッションは?

グーグルのミッションは「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすること」です。グーグルは確かにそのミッションのもとで事業をおこない、私たち消費者に大きな恩恵をもたらしています。それ自体は素晴らしいことです。しかし何のために誰のために世界中の情報を整理するのでしょうか。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

グーグルはその目的、つまりはパーパスを明文化していません。「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすること」で「データの利活用」を通して広告収入を得ていることを思えば、グーグルの目的とは結局は自社の利益のこと、のように見えてくるのではないでしょうか。従業員や地域社会といったステークホルダーや、「プライバシーの保護」という社会の課題のためにどのように貢献するのか、という点が、つまりは目的が必ずしも明瞭ではないのです。

いま、グーグルは、新型コロナウイルスの感染拡大への対応を契機として、否応なく「データの利活用」と「プライバシーの保護」という相反する命題に、より高いレベルで対峙することが迫られています。世界的に影響力の大きいグーグルだからこそ、より一層「プライバシーの保護」の姿勢や取り組みが問われてくるのです。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT