インフルエンザ パンデミック 河岡義裕・堀本研子著

インフルエンザ パンデミック 河岡義裕・堀本研子著

今年の3月にメキシコで発生した新型インフルエンザウイルスは、瞬く間に世界中に広がりパンデミックを引き起こした。WHОは最悪の場合、この2年間に全世界で27億人が感染すると予想する。

本書は、世界的権威である科学者らが最新の研究成果を基に、新型インフルエンザの謎を解き明かしたものである。新型ウイルスはなぜ誕生したのか、ワクチン接種で完全に感染を予防できるのか、抗インフルエンザ薬は本当に効くのか、などタイムリーなトピックを扱っている。

本格的な冬を迎えるなか、私たちはどのように新型インフルエンザに対峙し、被害を最小限に食い止めるためには何をすればいいのかを知ることができる。
 
講談社ブルーバックス 924円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。