首都封鎖の可能性浮上でよみがえる「小池劇場」

五輪延期で7月の「知事再選」はほぼ確実に

3月25日に緊急記者会見を開き、週末の活動自粛を呼びかけた東京都の小池百合子知事(写真:つのだよしお/アフロ)

首都・東京が騒然となったコロナショック対応と東京五輪の延期決定に合わせた、小池百合子都知事のしたたかな政界遊泳術が話題になっている。

思惑どおりの五輪延期決定を7月の都知事選での再選戦略につなげたうえ、2021年夏と見込まれる東京五輪の開催と成功を目指して、疎遠とされていた安倍晋三首相や森喜朗・五輪組織委員会会長との親密な連携ぶりをアピールしているからだ。

得意のパフォーマンスも復活

このところ地味な言動に徹していた小池氏だが、五輪延期決定とそれに伴う知事再選が確実となった途端、新型コロナウイルス感染拡大への対応で、3月25日夜に「オーバーシュート(感染爆発)の重大局面」と首都封鎖(ロックダウン)も辞さない方針を突然打ち出した。テレビカメラの前で見得を切るなど、得意技だった小池流パフォーマンスも復活させた。

小池氏がここにきて「五輪準備以上に腐心していた」(自民都議)のが、7月投開票の都知事選をにらんだ再選戦略だった。2016年の前回都知事選は「崖から飛び降りる覚悟」で出馬し、「小池憎し」で立ちはだかる自民党の東京都連を粉砕して圧勝した。

「緑のタヌキ」とも揶揄されたしたたかな言動とパフォーマンスは、「小池劇場」として都民だけでなく国民の注目の的となった。その余勢を駆って、2017年秋の衆院解散直前に保守新党「希望の党」を立ち上げて「安倍首相の心胆を寒からしめた」(自民幹部)。

しかし、築地市場の豊洲移転問題での迷走や安倍政権打倒を狙った希望の党の衆院選敗北という挫折で、同党代表辞任を余儀なくされたあたりから、持ち前の派手なパフォーマンスは影を潜め、「都庁での引きこもり状態」(自民都連)が続いていた。

次ページ水面下で自民党都連と「手打ち」
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。