「新型コロナで円暴落」が信じられない理由

円は暴落も急騰もない「レンジ相場」が続く

ドル円が大きく動かなくなったことは、ドルと円の動きを分解してみるとわかる。為替は相対的なものだからだ。

ドルの名目実効レート(複数の通貨間の実力を見たもの)を見てみると、ドルはリーマンショックの後にも買われて、急上昇しているが、足元でも急上昇している。

円の名目実効レートを見てみると、やはりこちらも、2008年のリーマンショックの後と同様に上昇している。

現下のように世界中の機関投資家がドルを抱え込む動きが広がっている中でも、「円は強い」ともいえる。日本は世界最大の対外債権大国なので、日本人が対外証券投資の資金を国内に戻すだけでもまだ、大きな円高要因になる。

この裏側で、暴落しているのは新興国通貨だ。3月初旬にレバノンがでフォルトに陥り話題となったが、コロナ禍が長引けば、対外債務が多く経常赤字を抱える新興国でデフォルトの可能性が高まってくる。

1ドル100~110円のレンジ相場が続くか

以上のような構造を踏まえると、かつての危機時の動きを当てはめて新型コロナショックで1ドル=80円といった動きにはならないのではないか。

JPモルガンの佐々木氏は「1ドル=100~111円といった現状の動きが続く」と予想する。みずほ銀行の唐鎌氏もほぼ同様で、「危機ムードが高まれば100~105円、楽観ムードであれば105~110円」と見る。

次ページコロナ禍が長引けばむしろデフレ・円高懸念
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?