「新型コロナで円暴落」が信じられない理由

円は暴落も急騰もない「レンジ相場」が続く

ドル円が大きく動かなくなったことは、ドルと円の動きを分解してみるとわかる。為替は相対的なものだからだ。

ドルの名目実効レート(複数の通貨間の実力を見たもの)を見てみると、ドルはリーマンショックの後にも買われて、急上昇しているが、足元でも急上昇している。

円の名目実効レートを見てみると、やはりこちらも、2008年のリーマンショックの後と同様に上昇している。

現下のように世界中の機関投資家がドルを抱え込む動きが広がっている中でも、「円は強い」ともいえる。日本は世界最大の対外債権大国なので、日本人が対外証券投資の資金を国内に戻すだけでもまだ、大きな円高要因になる。

この裏側で、暴落しているのは新興国通貨だ。3月初旬にレバノンがでフォルトに陥り話題となったが、コロナ禍が長引けば、対外債務が多く経常赤字を抱える新興国でデフォルトの可能性が高まってくる。

1ドル100~110円のレンジ相場が続くか

以上のような構造を踏まえると、かつての危機時の動きを当てはめて新型コロナショックで1ドル=80円といった動きにはならないのではないか。

JPモルガンの佐々木氏は「1ドル=100~111円といった現状の動きが続く」と予想する。みずほ銀行の唐鎌氏もほぼ同様で、「危機ムードが高まれば100~105円、楽観ムードであれば105~110円」と見る。

次ページコロナ禍が長引けばむしろデフレ・円高懸念
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT