田中将大とノムさん。最強の師弟ストーリー

TBSプロデューサーが見た、2人の天才

デビュー戦後に聞きたい質問

現地時間2014年4月4日、田中はトロントで行われるブルージェイズ戦でメジャーデビューを飾ることが決まった。現地に駆け付ける予定の横山には、注目しているポイントがある。

「将大のお父さんに聞いたのですが、マウンドの後ろで軽く飛び跳ねることがあります。その仕草をすることで、体の力を抜こうとしているみたいですね。普段の試合でも何度か行いますが、2012年3月の東日本大震災復興支援ベースボールマッチの台湾戦では、いつもより回数が多かったようです。お父さんは『復興がテーマの試合で日本代表の先発を任された責任感や、プレッシャーで固くなっているのかな』って言っていました。だからメジャーのデビュー戦でどれくらい飛び跳ねるのか、注目しています。そんな話は本人に言ったことがないし、『お父さんがこう言っていたよ』と伝えたこともないですけど(笑)」

楽天デビューから7年間の田中投手の軌跡をまとめたDVD(発売元:TBS、販売元:ポニーキャニオンⓒRakuten Eagles)

日米の熱視線が注がれるマウンドを降りた試合後、横山が聞いてみたいのはこんな質問だ。

「『ぶっちゃけ、ビビった!?』って聞いてみたいですね。まぁ絶対、『ビビりましたよ!』なんて言わないってわかってるんですけどね(笑)。メジャーのマウンドに上がっている姿を見ると、長く見続けてきたからこそ、感じることが僕にもあると思います。それが何か、変化なのか、逆にまったく変わっていない姿なのか。ただ、ひたすらに楽しみですよね、ホントに」

はたして田中は屈強なメジャーリーガーに対し、どこまで外角低めにストレートを投げ切ることができるのだろうか。日本では“原点”とされるが、メジャーでは決して安全なコースではない。リーチの長い彼らにとって外角低めは十分にバットが届く範囲であり、パワーのある打者なら軽々とスタンドまで持っていくことができる。

「オープン戦では、どれくらいアウトコースの低めに投げられるかと見ていました。昨年はかなり精度の高かったボールなので。そこにいままでどおりに投げられるのか、どれくらいメジャーで通用するのか、注目しています」

田中が日本最高投手に登り詰める道程で、磨きをかけたアウトコース低めという“原点”。その球筋に、野村と横山は特別な思いを重ねている。

田中投手のメジャー初登板の裏舞台と、隠された感動秘話が紹介される、スポーツドキュメンタリー『今夜解禁!石橋貴明のスポーツ伝説…光と影』はTBS系列で、4月6日(日)夜9時から放送

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。