新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ300

最新版「新卒3年後定着率」ランキング

早速、805社の中から「3人以上入社した企業」を対象に、定着率の高い順に並べた「ホワイト企業ランキング」を紹介しよう。トップである、「3年間誰も辞めていない、定着率100%」の会社は125社(2~3ページの両ページで掲載)。「3年間の定着100%」の企業は、昨年版(2013年)の92社から、33社増加した。

東ソーは、高卒含め122人全員が入社3年後も在籍

1位タイの企業は、10年4月の入社者が多い順に表示している。定着率100%企業の中で、入社した社員数がもっとも多かったのは東ソーの122人だ。男性114人、女性8人が10年に入社し、3年後の13年4月時点では、全員在籍している。

学歴別の内訳を見ると、大卒48人、短・専門卒9人、高卒・他65人。一般的に「入社後3年で5割辞める」といわれる高卒も含めて、100%を達成している。

同社は「会社が指定する資格を取得した際に奨励金支給」や「年間数人を海外語学留学に派遣」といった自己啓発制度で社員の能力開発を推進。働きやすさの面でもコアタイム(10:30~15:05)のフレックスタイム制度、育児・介護・私傷病の短時間勤務制度などの各種制度が充実している。

東ソーに次いで、1位タイ企業で採用が多い企業は、東邦ガスの74人(男性64人、女性10人)。会社指定の資格取得での奨励金等支給、授業料等会社負担での国内留学・海外留学制度、発明等の報奨制度、など充実した制度で従業員の能力アップを行う。さらにフレックスタイム制度、在宅勤務制度、一部職種での裁量労働制度も導入している。

両社ともこうした恵まれた制度や高い定着率から、満足している若手社員は多いと予想される。

他に愛知製鋼55人(男性52人、女性3人)、国際石油開発帝石52人(男性40人、女性12人)、アズビル49人(男性38人、女性11人)、栗田工業46人(男性39人、女性7人)などの人数が多かった。

昨年、トップ300に1社しかなかった銀行でも、高知銀行が42人(男性21人、女性21人)で100%。さらに、定着率が低いといわれる小売業でもヤマナカ17人(男性15人、女性2人)、井筒屋12人(男性7人、女性5人)などが100%だった(次ページも、1位タイの他の企業を掲載)。

次ページ「1位タイ」の、他の企業も見てみよう
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。