どう省略している?「長めの駅名」10選・千葉編

何かと話題の「ゲートウェイ」は千葉にもある

2)船橋日大前駅(東葉高速線)

とかく新しい鉄道には長い名称の駅が多いものだが、1996年に開通した東葉高速鉄道もその例に漏れない。

東葉高速鉄道の船橋日大前駅(筆者撮影)

船橋日大前、八千代緑が丘、八千代中央、東葉勝田台と長い駅名が並ぶ。とくに長いのは船橋日大前駅である。日本大学理工学部の船橋キャンパスに隣接している。

斬新な西口駅舎の設計・デザインは、関東の駅百選にも選ばれている。「日大前」あるいは「日大駅」で通用しそうだ。

実在しない公園名が付く

3)流山セントラルパーク駅(つくばエクスプレス)

東葉高速鉄道に続いて2005年に開業した首都圏新都市鉄道、通称「つくばエクスプレス」の千葉県内の区間の駅を挙げておこう。

つくばエクスプレスの流山セントラルパーク駅(筆者撮影)

つくばエクスプレスは、流山市と柏市を経由し、県内に5つの駅がある。そのうち、3つの駅(流山セントラルパーク、流山おおたかの森、柏の葉キャンパス)が長い名称で、一番長いのは流山セントラルパーク駅だ。

もっともセントラルパークという公園は実在せず、駅の東側にあるのは、流山市総合運動公園である。緑の拠点(中心=センター)として市民に親しまれているからと同市は説明しているが、何とも微妙な駅名だ。快速や区間快速などは通過で、普通電車のみ停車する。

おおたかの森駅と区別するなら略称は「パーク駅」だろうと思いきや、地元の人は「センパ」と呼んでいるらしい。

4)リゾートゲートウェイ・ステーション(ディズニーリゾートライン)

東京ディズニーリゾート(TDR)を周回して各施設を結ぶモノレール(ディズニーリゾートライン)の中で、JR舞浜駅と連絡するのがリゾートゲートウェイ・ステーションだ。

どこかの漢字とゲートウェイを組み合わせた中途半端な駅名ではなく、リゾートゲートウェイ・ステーションとすべてカタカナであれば、文句のつけようもない(笑)。どうせゲートウェイを使うなら、これくらい徹底してほしいものだ。何とも略しようがない駅名だ。

次ページ成田空港周辺にある駅
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナショック、企業の針路
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。