高輪新駅開業、隣の品川駅工事はいつまで続く

線路移設はほぼ完了したが、リニアの工事も

変化した現在の姿を見てゆきたい。計8面のホーム数は以前と変わらないが、車両基地も駅間の線路も移動したので、田町方のホーム端部は“曲がり具合”が変わった。まずは様子の変化が大きな東海道線部分から。東海道線上下列車の発車メロディーは鉄道唱歌で、最後にボーと汽笛が響く。鉄道創業の地、由緒ある路線らしい楽しい演出だ。

7・8番線は臨時ホームで基本は朝ピーク時のみ開ける(撮影:久保田 敦)

京浜南行と対になる6番線が上り本線。7・8番線は臨時ホーム。朝ラッシュピークの東京方面行きは6・7番線で交互発着を行い、遅延を防ぐ。降車した通勤客は品川下車のほか、山手線外回りの渋谷・新宿方面乗り換えが多く、最も混雑するシーンが展開する。

また、夕方のラッシュ時は上野東京ライン宇都宮・高崎線方面、京浜南行横浜方面の乗車がともに多く、5・6番線は混雑するホームの1つに挙げられる。一方、臨時ホームは8時前から9時11分到着の「湘南ライナー10号」まで時間限定で開く。以後は臨時列車があるとき以外、階段上に赤ロープを張っている。

朝は到着ばかりで発車がない常磐線

東海道線下りは12番線。ただし、平日夕方の下り湘南ライナーは対面の11番線を利用する。9・10番線と下りライナーまでの11番線は、上野東京ラインの開業によりスタートした常磐線の発着。うち9番線は特急用で、おおむね30分間隔の「ひたち」「ときわ」が20分少々在線し、車内整備を挟んで折り返しを繰り返す。だから、一般列車が入るのは特急が少ない朝だけである。

10・11番線発着を主とする一般列車の運行パターンも特徴的だ。日中の品川直通は土浦方面と結ぶ中距離電車で占められ、車両も交流区間に跨るためE531系だが、朝晩は取手や成田からの快速電車(E231系)が加わる。それらが朝8時台は5~8分間隔で到着する。ところが、逆の品川発はない。その時間にホームに立つと「常磐線取手方面は上野駅でお乗り換えです」との放送や表示が流れている。

次ページ常磐線の上野東京ライン品川直通のねらい
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT