リーマンショックのような金融危機は起きるか

新型コロナでアメリカ経済はついに景気後退

リーマンショックのような金融危機になる恐れはないのか。トランプ大統領は「守り」に特に弱いだけに、心配だ(写真:UPI/アフロ)

新型コロナウイルスが米欧各地域に広がる中で、2月24日に始まった世界の金融市場の混乱に一段と拍車がかかっている。3月16日にはアメリカの主要株式指数は1日で約12%も暴落、1987年のブラックマンデー以来の大幅な下落率となった。3月に入ってからの株価指数が5%以上で上下しながら、1カ月も経たずに直近高値から一時は約30%も下落しており、2008年のリーマンショック後と同様の金融市場の大混乱が起きている。

アメリカ経済はついに景気後退期に入った

この連載の一覧はこちら

アメリカでは、経済活動の大幅な落ち込みを示すデータはまだ見られない。しかし、新型コロナウイルスの感染や死者数がヨーロッパで大きく増え、アメリカでも同様の非常事態に至っている。

感染拡大に歯止めをかけることが最優先されるため、広範囲な経済活動の抑制・自粛が3月から始まりつつあることを踏まえれば、アメリカ経済は4~6月に大幅なマイナス成長に失速すると予想される。新型コロナウイルスの拡大が、2009年以降11年余りにわたって続いたアメリカの景気拡大を終焉させ、ついに景気後退に入ったとみられる。

足元の世界株式市場の急落を踏まえれば、アメリカを含めて世界的な景気後退の到来は金融市場ではほぼ織り込まれたと言えるだろう。株式市場の急落に加えて、世界の債券市場でも極めて大きな価格変動率が観測されている。

そして、3月11日頃からは安全資産であるアメリカ国債が売られて、長期金利が上昇している。これは、3月9日にアメリカの10年国債金利が一時0.3%前後と到底説明できない水準まで低下した反動が出ている側面がある。ただ、それに加えてアメリカ国債をキャッシュ化して流動性を確保する金融市場の動きが、3月11日以降に顕在化したとみられる。

次ページリーマンショックのような「流動性危機」が起きるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT