レクサス初の電気自動車は、何がどう違うのか

日本では2021年前半の発売を予定している

UX300eの二次電池は車体中央から後輪サスペンションの軸間部分に搭載される。また、重心位置はUXよりも低く抑えられ、カーブ時の車体傾きやサスペンションの動きを左右するロールセンター位置は、車体傾きを抑えるために上方へ移行させた。

よって、カーブに入った瞬間から終始、車体の傾きがグッと抑えられた安定した走りを見せる。試乗現場に居合わせた技術者によれば、「プラットフォーム(車体の土台)はUXと同じGA-C型を採用しつつ、車体下部を補強して同時にサスペンションの取り付け部分の剛性も向上させた」という。

加速フィールはどうか? 使い古されたフレーズながら、BEVの特徴として“鋭い加速”をイメージする読者も多いことだろう。確かに電動モーターの得意とする出力特性を前面に押し出し、初速からドンで前に出るBEVは今でも少なくない。

しかしUX300eの場合、日常領域で多用するアクセルペダルの開度にして30%以下の領域ではややおとなしい印象を受ける。これには「1800kg台後半」(開発者談)に及ぶ車両重量も少なからず関係しているようだ。

低速域での使い勝手は好ましい

この特性をもう少し具体的にみていくと、アクセルペダルの踏み方に同調することに主眼が置かれているのか、速度にして20㎞/hあたりまでの領域ではおとなしい加速に終始する。しかし、こうした特性は低速域での使い勝手からすれば好ましく、駐車場でのちょっとした移動や渋滞時などはかえってこうした特性のほうが気疲れしない、と筆者は感じる。

実際、筆者はBEVの試乗を行う際、ドライブモードが変更できるときには、アクセル操作に対して加速力がおとなしくなる(≒反応が緩やかになる)「エコモード」なるものを選ぶ。とはいえ、UX300eが遅いわけではない。じんわり踏み込んだアクセルペダルの開度を50%程度まで深くしていくと、今度は車体が一回り軽くなったようにぐんぐん速度をのせていく。

次ページ既存のUXと比較した乗り味は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT