インド赴任、ビザ取得の大変な実態

日本企業のインド進出を阻む深刻な問題

また、進出時の初代赴任者の場合は、赴任が遅れるとビジネス全体が遅れることになります。現地にいけば、さらなるトラブルに対処していくというより重要な任務があるにもかかわらず、ビザ問題のせいで行くことすらも許されないという状況に追い込まれます。

――うーん。なるほど。では、ビザはすべて取りにくいのでしょうか?

「観光ビザ」は簡単です。出張で使う「商用(ビジネス)ビザ(通称:Bビザ)」も簡単ですが、一部の人は厳しいです。最も混乱が起きているのは赴任時に使う「就労(エンプロイメント)ビザ(通称:Eビザ)」です。状況は年々悪化の一途をたどっていて、ここ2年くらいは、特にひどいです。取得するまで2カ月かかるようなことがザラにあります。これでは赴任する前から心が折れてしまいます。

――取得しづらいのはどういった人ですか。

営業職よりも技術職の方が取りにくいです。新製品のライン立ち上げなどで駆り出される「技術支援の長期出張」なども取りにくいです。業種で言えば、機械、設備メーカーなどが取りづらいです。

これだからインドはダメなんだ!!

一方、販社で進出している企業は、営業職の方のみで構成されていますので、あまり問題になりません。こうした事実を知らないこともあります。技術職を必要とする現地生産している企業で問題になっています。

――2カ月かかるというのは、待っていればいいということなのでしょうか。

いいえ。その間、不毛な経験を何度もすることになります。申請センターまで往復し、並ぶのに1~2時間待たされます。ビザ申請を5回以上、はねつけられたなんてこともあります。

不備を直して持っていくと、また違う不備を指摘され、また不備を直して再提出すると、さらに違う不備を指摘され・・・・・・。一度に問題を指摘してもらえないため、ひどい場合、こんなことが5回も6回も繰り返される。人間、我慢にも限界あります。先日、ビザ申請のカウンターで完全にキレている人を見かけました。

「これだからインドは駄目なんだ!!」と叫んでいました(笑)。申請で並ぶ人が数十人いましたが、誰もが心の中でその叫びに「YES!」と言ったに違いありません。

次ページ毎月のようにルールが変わる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。