"ダメもと精神"で、採用に殺到するインド人

7年目を迎えたパソナグループのインド進出

 

 人材紹介大手パソナグループのインド法人、パソナインディアが好調だ。2006年10月に進出して、7年目を迎えた同社は、日系企業の採用代行などで事業を順調に拡大している。

日系企業にとって、何かと悩みが多いインド現地での人事労務。特に難しいのが、コスト、スピード、品質を含めた採用管理だが、同社はこの分野で日系企業を支援し、実績を上げている。立ち上げから現在まで同社を率いてきた谷 嘉久(たによしひさ)社長を、デリー近郊の同社グルガオン支店で取材した。

――まず、概要と事業内容を教えてください。

日本人9人と現地インド人スタッフ40人で、デリー本社を含め、5拠点でサービスを提供しています。事業内容は、主に日系企業への人材紹介サービスがメインです。クライアントの業種はさまざまで、新卒から中途採用まで、国籍を問わず、また国境を越えて人の紹介を行っております。

――立ち上げは大変でしたか?

インドには大学時代に2週間ほど旅行したことがあり、やはりお腹をこわすなど、「生活環境が大変な国だな」と思っていたら、赴任することになり驚きました(笑)。しかし、頑張ってやっているうちに、あっという間に7年目に入りました。

次ページ優秀な方の知人は優秀
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。