日経平均429円安、日銀ETF買いでも急落のワケ

買い入れ上限を2倍にしても効かなかった?

日銀は手札が限られる中でできることはすべて行ったとの声がある一方、買い入れ増額の持続性には疑問の声も出ている。「12兆円を上限にETFの残高増加ペースを引き上げるとしているが、脚注をみると原則的な買い入れペースは引き続き年間6兆円ペースとしている。新型コロナ次第だが、一時的な買い入れ額の上振れはあっても、持続性は低い可能性がある」(ニッセイ基礎研究所のチーフ株式ストラテジスト、井出真吾氏)との指摘がある。

TOPIXは4日続落。東証33業種中27業種が値下がりし、ゴム製品、電気機器、輸送用機器、保険などが値下がり率上位に入った。空運、証券、水産・農林などは値上がりした。

東証1部の騰落数は、値上がり1019銘柄に対し、値下がりが1098銘柄、変わらずが49銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      17002.04 -429.01

寄り付き    17586.08

安値/高値   16,914.45─17,785.76

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1236.34 -25.36

寄り付き     1268.39

安値/高値    1,231.67─1,288.47

 

東証出来高(万株)234569

東証売買代金(億円) 33191.04

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。