米が非常事態宣言、1ドル=108円台に急騰

今後1ドル=100円割れを予想する声も根強い

ニューヨーク外為市場ではドルが対円で3%を超える大幅な値上がりになり、108円台に急上昇した。写真は3月6日、ドル紙幣と硬貨を撮影(2020年 ロイター/Mike Segar/Illustration)

[ニューヨーク 13日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが対円で3%を超える大幅な値上がりになり、108円台に急上昇した。米国株の戻りでドル高の流れだったところへ、トランプ大統領が新型コロナウイルスの感染拡大を受け非常事態を宣言したことで一段高になった。

ドル/円<JPY=>は3.5%高の108.34円。上げは2013年4月以降で最大を記録した。トランプ大統領の会見前は107.66円付近で推移していた。前日は104円台後半で引けていた。

トランプ氏は13日、新型コロナウイルスへの対応で国家非常事態を宣言した。同宣言により、約500億ドルの連邦政府の支援金提供が可能になる。

スコシアバンク(トロント)の主任FXストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「新型コロナによる経済への悪影響を巡る懸念は根強い」とし、通貨スワップ市場でドルの調達コストは上がっていると指摘した。

こうした中、ウェルズファーゴは、金融市場の混乱リスクは継続しており、円相場は100円を超えて値上がりする見込みとした上で「利下げを含む中銀の金融政策対応が市場の動揺の沈静化にほとんどつながっていないのは、政府による財政政策対応の遅れによる可能性がある」と述べた。

ドル/スイスフラン<CHF=>は1.1%高の0.9543フラン。ドルは通貨バスケット<=USD>に対し98.362。ドルは対ユーロ<EUR=>で0.9%高の1.1091ドル、対ポンド<GBP=><GBP=D3><GBPX1=>では2%高の1.2302ドル。

 

 

 

(表はリフィニティブデータに基づいています)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。