ECB、量的緩和を2020年内に1200億ユーロ拡大 

新型コロナのパンデミックの悪影響に対応

欧州中央銀行(ECB)は12日の定例理事会で政策金利を据え置く一方、量的緩和政策を年末まで1200億ユーロ拡大すると発表した。写真は1月23日、ドイツのフランクフルトで撮影(2020年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 12日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は12日の定例理事会で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による域内経済への悪影響に対応するため、量的緩和政策を年末まで1200億ユーロ拡大すると決定した。ただ政策金利は据え置かれ、市場の混乱につながる可能性もある。

新型コロナの感染拡大により数百万人の移動が制限され、金融市場が急落し、企業は供給網の混乱に苦しむ中で、ECBは景気悪化に対応するため、企業に対する超低金利融資拡大や資産購入額の引き上げ、銀行支援を実施すると表明。声明で「これらの対策はコロナウイルスの感染拡大により最も影響を受けた企業、特に中小企業への銀行融資を支援する」とした。

また「年末まで資産購入枠を一時的に1200億ユーロ追加し、資産購入プログラムからの強固な支援を確保する」とした。

また域内の金融システムに対する流動性支援を即時提供するために、マイナス0.75%という低金利で従来の長期資金供給オペ(TLTRO)を提供するほか、追加のTLTROも実施するとした。

ただ、市中銀行が余剰資金をECBに預け入れる際の適用金利である預金金利は現行のマイナス0.5%で据え置いた。

もっとも金利ガイダンスは変更せず、追加利下げに含みを残した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT