宅飲みと乳酸菌、コロナで伸びた意外な売れ筋

コンビニ影響は限定的、記者が語る小売り業界

新型コロナウイルスの感染拡大以降、外国人観光客であふれていた銀座の通りは閑古鳥が鳴いている(記者撮影)
新型コロナウイルスの感染拡大により、国内消費は大きく落ち込んでいる。
ここ数年、旺盛なインバウンド需要に支えられていた百貨店業界は、ここにきて外国人客が急減。映画館やスポーツクラブなどが集積する大型ショッピングセンターも来館客数が大きく減っている。
一方、乳酸菌入り飲料などコロナウイルスの影響で売れ行きが急増した商品もある。
緊急座談会の第2弾は、小売りや物流業界への影響と今後の見通しについて、東洋経済の流通分野の担当記者が話し合った。

2月の百貨店売り上げは2ケタ減

デスク)百貨店のコロナ影響は深刻だとか。

記者A)ここ数年は旺盛なインバウンド需要に売り上げが支えられていたが、ここにきて外国人客が急減している。不安心理を映して、国内客も来店が減っている。とくに、百貨店の主要顧客である高齢者層の消費マインドが冷え込んでいるようだ。

大手百貨店は2月の既存店売上高が、前年同期比で軒並み2ケタの落ち込みとなった。最大手の三越伊勢丹、大丸松坂屋百貨店、高島屋、阪急阪神百貨店は、ことごとく厳しかった。「百貨店業界で2ケタ減は珍しい。リーマンショック以来の落ち込みになった」と嘆く大手百貨店の担当者もいたよ。

デスク)業績への影響も大きいのかな?

A)客足が遠のいているので、業績が押し下げられるのは避けられないだろう。三越伊勢丹ホールディングスや阪急阪神百貨店を運営するエイチ・ツー・オー リテイリングなどの大手百貨店は1月に、2020年3月期決算の業績計画を大幅に下方修正した。

ところが、ある百貨店幹部は「現時点では、新型コロナウイルスの影響は織り込み切れていないのが正直なところ」と話していた。各百貨店の今期業績はさらに下振れし、2021年2月期や同3月期も業績の急回復は難しいだろう。

次ページショッピングモールの来店客も急減
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。