コロナ直撃で株価半値に、TKPに秘策はあるか

テレワーク需要とらえ、貸オフィスで反撃

株式市場は一連のコロナ騒動を予見していたようだ。

1月中旬まで4000円超で推移していた株価は、コロナウイルスの感染拡大と時を同じくするように下落。業績を下方修正した翌週の3月9日の株価は2076円で引け、わずか2カ月足らずで半値になった。

小規模オフィスに活路

「TKPは『コロナ銘柄』じゃない。むしろ『コロナ対策銘柄』だ」

下方修正発表前日の5日、記者の取材に応じた河野貴輝社長の表情に悲壮感はなかった。「貸会議室や宴会のキャンセルは確かに出ている。他方で、(貸オフィスを展開する)リージャスへの問い合わせは、2019年と比べて3割増えている」(河野社長)。

業績を下方修正しても、TKPの河野貴輝社長の表情に悲壮感はない。写真は2019年4月の記者会見時(記者撮影)

貸会議室の業績が落ち込む一方、河野社長が期待を示すのが小規模オフィスを中心に展開するリージャスだ。感染拡大に伴い、テレワークを検討・推進する企業が増えた。そこでリージャスの貸オフィスを、テレワーク先として利用してもらおうという戦略だ。

ここ数年、オフィス移転のトレンドは「集約」だった。再開発に伴って大型ビルが相次いで竣工。社員を丸ごと収容できるスペースが生まれたことから、これまで分散していた拠点をビル1棟やワンフロアに集める動きが進んだ。働き方改革やイノベーション促進の観点から、オフィス設計を固定席からフリーアドレスへと移行する動きも目立った。

次ページオフィス「分散」需要に期待
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT