トランプが民主党候補を全く怖がってない理由

ブティジェッジ候補が撤退した知られざる真相

ミュラー特別検察官はトランプ大統領の証人尋問を最後まで狙っていたが、ダーショウィッツ名誉教授が明快に解き明かしたように、アメリカ法には「偽証の罠(パージャリー・トラップ)」という法理がある。それによると、トランプ大統領を直接、口頭尋問できないことになっている。そのため、ミュラー特別検察官は延々2年に及ぶロシア疑惑調査に幕を下ろさざるをえなかったのである。

ミュラー特別検察官と比べると、はるかにリベラルなウォーレン候補が、なぜ、トランプ大統領の弾劾追及にこだわり続けたのか。一般的に、民主党急進派の人たちは、ダーショウィッツ名誉教授のような刑事弁護士ではない。ウォーレン候補は、破産法の権威ではあるが、刑事弁護士ではない。その違いがあったからかどうか、明らかではない。

結局、アメリカの「反トランプ」メディアは、ウクライナ問題での「わいろ」論でも、ロシア疑惑問題でも、民主党サイドの自己矛盾の議論に振り回されて、トランプ大統領と「勝てない法律論」で争うことになっていると言えよう。

トランプ大統領にしてみれば、「反トランプ」メディアの攻撃に対して、「魔女裁判」と繰り返し言い立てて、「弾劾冤罪」を強烈にアピールするという対抗手段をとる。「勝てない法律論」を押しつけようとする「反トランプ」メディアに対して、「弾劾冤罪」を叫ぶトランプ大統領の大声は、負け犬の遠吠えではなく、それなりに筋が通っていると思う人たちが増えてきている、と言っても過言ではあるまい。

ブティジェッジ候補は、自らゲイであることを公言した大統領候補者として、いまや知らない人はいないが、実務的な対メディア対策については、海千山千の辣腕女性コンサルタントが仕切っていた。「ブティジェッジ旋風」はそこから生まれていたので、メディア慣れしたトランプ大統領にとっては、メディアのプロ同士の気楽さから、ブティジェッジ候補とはあまり争う気がしなかったのではないか。

トランプ大統領の「メディア人」としての評価も

ともかく、ギャロップ調査が示すように、共和党の支持者が全米市民の中で増えているという状況が続けば、それ自体、アメリカ政治史上の大変化であろう。今後、上院や下院の共和党議員が勢いを増す可能性がある。

次ページ民主党が巻き起こした弾劾騒動が「逆ねじ」に?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT