2020年米大統領選「トランプ対抗陣営」の実像

民主党の有力候補はバイデンかウォーレンか

「反トランプ」メディアもトランプに立ちはだかる(写真:AP Photo/Evan Vucci)

2020年の米大統領選で再選を目指すドナルド・トランプ大統領。その相手となる民主党の候補者は、最終的に誰がなるのか。つい最近まで10%前後の差をつけて優勢だったのは、ジョー・バイデン前副大統領だった。

このバイデン氏に対して、トランプ陣営の選挙責任者、ルディ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長は、バイデン氏のウクライナ関連の金融スキャンダルを糾弾し、自らウクライナに乗り込む意欲を表明するなど、バイデン氏に対して厳しい姿勢を示している。

この連載の一覧はこちら

トランプ大統領もバイデン氏のことを「スリーピー・バイデン」(話が眠りを誘うほどつまらないバイデン)と皮肉るが、ジュリアーニ氏ほど辛口ではない。それには、トランプ流の読みがあるのだろう。

トランプ大統領が民主党候補へそれほど厳しい批判をしていないのは、バラク・オバマ前大統領が、民主党候補の誰に対しても支持表明を与えていないことと関係している。トランプ大統領の真のライバルは、いま名乗りを上げている民主党候補ではなく、メディアの人気者であるオバマ前大統領ではなかろうか。

バイデンとウォーレン、もつれる可能性が高い

オバマ氏と、オバマ氏以上に人気のあるミシェル夫人も、民主党の最終候補者が確定した段階で支持を表明するとしている。

今年6月に開催された民主党候補による第1回ディベートではハプニングがあった。候補者の1人であるカマラ・ハリス上院議員(カリフォルニア州)が、バイデン氏の過去の人種隔離政策を問い詰め、うまく応答できなかったのだ。

このディベートをきっかけに、バイデン氏の支持率は低下。その後、上院議員(マサチューセッツ州)のエリザベス・ウォーレン氏が急浮上し、民主党の大統領候補者選びは、バイデン氏とウォーレン氏の間で、もつれる可能性が高い。

次ページオバマ氏はどちらを支持するのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT