「新型肺炎にも負けない株」とはどんな株なのか

個人投資家のイメージとは完全に違う?

東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の動画連載「Monthly TREND REPORT」。第3回のテーマは「不動産株のブームは来るか?」。前編では、北野氏が「株式市場は新型肺炎で下落したが、今後期待できるのは不動産株」と言います。どういうことでしょうか(この番組の収録は2020年2月中旬に行いました。詳しくは動画をご覧下さい)。

不動産株は「ディフェンシブ」であり、大幅上昇の可能性も

上の画像をクリックするとSBI証券「Monthly TREND REPORT」のページにジャンプします

北野 2つのことから、不動産株に注目しています。まずはディフェンシブ性です。2020年の株式市場は1月以降、新型肺炎の影響を大きく受けました。

しかし、この下げ相場の中で、パフォーマンスが相対的に良いのが不動産株だっということ(1月の実績)です。実は、昨年の2019年も前月比で株価が下落した局面は12カ月のうち4回ありましたが、その時も「対TOPIX(東証株価指数)」でのパフォーマンスを見ると、全33業種のうち、不動産株は2位、1位、2位、1位。以前は「ディフェンシブ株」と言えば医薬などでしたが、今は不動産株が立派にその役割を務めていると言えます。

もう一つは、不動産株指数の値が「5年(60カ月)移動平均線」を久し振りに抜いてきたことです。過去50年でこうした局面は5回ありましたが、そのうちの4回、不動産ブームが起きており、TOPIXに対して40%アウトパフォームしているということです。

断言までは出来ないのですが、少なくとも過去4回の不動産株のブームとピーク時期、特徴は以下の通りです。

次ページ「過去4回」の不動産株ブームとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT